はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第131話から学ぶ女性のキャリア「リプランニング」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今回も前置きなしです〜。

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「リプランニング」


 

津曲さん、怪しい怪しいと思っていたんだけど、

実は怪しくなかったんですねぇ〜。

ごめんなさいね、怪しい人分析とかしちゃって(笑)

 

癖が強いけど、その分味わい深い、

そんな人のようです。

 

そう言えば、秋風さんもそうでしたね。

めっちゃ癖があったけど、天然で可愛くて、

多くは語らないけど愛があった。

懐かしいな、秋風さん。

 

すずめは、その津曲さんのところで事務の仕事をしつつ、

将来的には自分もこのシェアオフィスを利用して、

おひとり様メーカーをしたい!

そんなことを考えています。

というか、もう、津曲さんにも宣言しちゃいました。

 

すずめのキャリアを振り返ってみましょう。

 

高校を卒業する時、地元の農協に内定をもらいます。

が、それを蹴って漫画家になる道を進みます。

そして漫画家になりました。

 

ところが、スランプで、人気があった連載漫画を

書くことができなくなってしまいました。

悩んだ結果、もう漫画を描くのを辞めることに。

 

次の仕事は100円ショップの店員、そこで

りょうちゃんに出会い結婚。

カンちゃんが生まれましたが、

りょうちゃんは自分の夢を大切にしたいからと、離婚。

 

カンちゃんと岐阜に帰ったすずめは、

おじいちゃんの五平餅を売るカフェを作り、

軌道にのせました。

 

そんな時にカンちゃんがスケートに興味を持ち、

絶妙のタイミングで東京に事務所を持つ津曲さんと出会い、

急きょ津曲さんのところへ就職すると決意!

 

事務所見学に行った先でおひとり様メーカーの魅力に取りつかれ、

津曲さんのところに就職する前に、将来の夢が決定!

 

め、目まぐるしい・・・。

 

まさに、キャリアのリプランニング、計画のやり直しの繰り返しです。

 

考えてみると、人生思い通りにはなかなかいきません。

計画を立てて、目標を持って

それに向かって頑張っていても、

どうしようもない理由でそれができなくなったり、

自分の実力に限界を感じたり。

 

そんな時は、リプランニングが必要です。

 

夢に向かってストイックに頑張ることは素晴らしい。

安定志向で変化を望まない生活もまた良いですね。

ただ、何かあった時にも対処できるよう、

すずめのような柔軟性や機動力を身に付けておきたいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする