はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第120話から学ぶ女性のキャリア「困らないように」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

明け方、「さぶっ」と思って目が覚めました。

2〜3日前までは、「暑い〜」と起きてたのに。

やっと暑さから解放されたのは嬉しいけど、

体調壊さないよう、気を付けないといけませんね。

 

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「困らないように」


 

カンちゃん、健気におーちゃんとの約束を守ろうとしています。

 

つくし食堂の2号店の名前をつけたくて、

仙吉さんはちゃんと考えていたのに、

自分にはセンスがないからと

誰にも言わない約束で、カンちゃんにだけ教えていたのでした。

 

仙吉さんが考えていた名前を知りたい周りの大人たちは、

あの手この手でカンちゃんから聞き出そうとします。

でも、カンちゃんは言おうとしません。

 

大人にしてみると、おーちゃんとの約束を守っている

カンちゃんを責めるわけにはいきませんよね。

 

すずめ、何か方法を考えたようです。

あああああ〜、なるほど!

私もひらめいてしまいました(笑)

うまくいくのかな???

 

そして今日のテーマですが、仙吉さんロスの私、

また仙吉さんからテーマをいただきました。

 

すずめのために書かれた、五平餅のレシピノートを

晴さんが見つけ出しました。

 

わかりやすく、なぜそうするのかという解説までつけて、

2号店で五平餅を焼くすずめが困らないように、

丁寧に書かれていました。

イラストまでありましたね〜〜〜〜〜。

 

仙吉さんは、すずめが仙吉さんの五平餅を

引き継ぎたいと言った時から、

すずめに五平餅の作り方を教えてきました。

 

同時に、ノートまで作っていたんですね。

万が一、伝えきれずに自分に何かあった時のために。

自分が死んでからも、困った時に見られるように。

 

仙吉さんの思いが詰まったノートですね。

 

自分に何かあった時に、

家族や周りの人たちが困らないように備えておく。

 

きちんとできている人もいるのかもしれないけど、

私は全然できていないと言っていいくらい、

手が回っていません。

 

若い頃は、そんなこと考えたことすらなかったけど、

海外旅行に行く前なんかは

ちょっとそんなことも考えたりしました。

 

日常的に自分事として考えるようになったのは、

ここ5〜6年のことかなぁ。

 

私は個人事業主なので、1か所で仕事をして

お給料をもらっているわけではありません。

 

長くお付き合いのあるところもあれば、

単発でお仕事をいただくこともあります。

 

今、どういう仕事を抱えているのか、

全てを把握しているのは私だけです。

 

怖い!怖すぎる!

 

私に何かあったら、家族にはどえらい迷惑を

かけてしまうと思います。

 

なので、自分の手帳だけではなく、

家のカレンダーには仕事の予定を書き、

自分の部屋には仕事の依頼元の電話番号がわかるように

書いたものを貼っています。

 

それだけでは不十分なんですがね・・・。

 

それからきちんと整理しておかないといけないなと思うのは、

銀行の口座などの情報もそうなんですが、

自動引き落としになっているものです。

 

携帯電話の契約なんかはわかりやすいと思いますが、

ホームページ関連の費用や、

パソコンのウイルス対策ソフトや、

資格や団体の会員の年会費なんかは

家族にはわからないと思います。

 

自動引き落とし、自動継続、便利だけど、

気を付けないといけません。

 

それと、SNSをどうするのか?

これも最近話題になっていますよね。

 

一気にすべての準備をするのは難しいかもしれませんが、

できることからコツコツと、

後の人が困らない準備をしていかないといけませんね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする