はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第71話から学ぶ女性のキャリア「私の人生私のもの」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

大阪に住んでいる娘が里帰りしてきました〜。

地震以降、気持ちがなかなか落ち着かなかったようですが、

今日はゆっくり寝られるんじゃないかな。

 

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「私の人生私のもの」


 

 

 

あっという間に・・・裕子さん、結婚して、

秋風ハウスを出て行っちゃいました。

 

決まると早いな。って、早過ぎやろ!と

ツッコミたくなりましたが(笑)

 

その裕子さんがすずめとの別れ際、

いろいろ深いぃ言葉を残してくれましたよね。

 

その中でも私が印象に残ったのは、

 

「私の人生私のもの」

 

という言葉。

 

漫画をやめる、私の分まで頑張ってとは言わない。

すずめは、自分の漫画を頑張って!というエールでした。

 

よく、〇〇の分まで頑張る!という表現をするけど、

そんなことできるのか?と考えさせられました。

 

自分のことに一生懸命になれなかったら、

人の分まで頑張れるはずがない。

まずは、自分のことを精一杯頑張ってみよう。

 

そんな気持ちになれました。

 

私たちは人との関りの中で生活をしているので、

周りの人のことを一切考えず、

自分の事だけに集中するということは難しいと思います。

 

バランスをとる必要がありますね。

 

ただ、安易に人の分まで頑張ろうとか、

私があの人の分までやらないといけないとか、

言ってはいけないのかもしれないですね。

 

まずは自分自身が自分のすべきことをきちんとこなして、

その上で、誰かのために何かをする。

 

そうしないと、〇〇の分まで、の〇〇さんに

かえって失礼になってしまうのかも、と感じました。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする