はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第47話から学ぶ女性のキャリア「私にはプランがある」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今回も前置きなしでいきます〜。

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「私にはプランがある」


 

 

 

今日もなかなか見応えがありましたよ〜。

ボクテ作「菱本若菜劇場」もありましたしね!

 

菱本さんの人生を追いかけたい気もしましたが、

死を覚悟したかのような秋風さんの語りに

おおおおお〜っと思ってしまいました。

 

秋風さん、がんが再発したんだそうです。

だから、「遺作」と口走ってしまったり、

弟子への指導に力が入ったり、

旅に出たりしていたのですね。

 

菱本さんにも言わずにいたのを、

今回やっと打ち明けました。

 

再発したことにショックを受けている

菱本さんに対して、

 

「黙っていてすまなかった。

だが、私にはプランがある」

 

自分の名作はこの世に残るだろうが、

それだけでは足りない、自分自身を遺したい。

 

だから弟子をとった。

自分亡きあとも

彼らのテクニックとなって遺すことができるなら

こんなにうれしいことはない。

 

と、語りました。

 

この先の、残された人生を、どう生きるか。

 

それが、秋風さんが語った「プラン」ですよね。

 

秋風さんのように、「死」を意識すると、

この先どう生きよう、と、みんな考えると思います。

 

でも、元気な時はどうでしょうか?

あまり、この先の生き方を考える時間なんて、

取っていない人も多いのではないでしょうか?

 

キャリアカウンセリングをしていると、

そう感じます。

 

カウンセリングの中で、今までの事、

これからのことをいろいろ質問をします。

 

「この先、何かやりたいことはありますか?」

 

と聞くと、意外と多くの人が

 

「あ、そんなこと考えたことなかったです。」

 

とおっしゃいます。

 

ないことはないと思うのですが、

きっと無意識なのでしょうね。

 

せっかく生きているのだから、

この先どんな生き方をしたいかなぁ〜

というところに意識を向けて、

例えばやりたいことリストのようなものがあった方が

毎日時間を有効に使えるような気がしませんか?

 

さらに言うと、いつまでにこれ、次はこれ、と

プランを立てた方が、現実味が出てきますし、

実際にそれに向けて動けますよね。

 

秋風さんのように胸を張って、

 

「私にはプランがある」

 

と言えるよう、

自分の可能性を信じて、妄想しましょう!

妄想が苦手な人や妄想が止まらない人、

キャリアカウンセリングに来てくださいませ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする