はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第36話から学ぶ女性のキャリア「脳と口が直結してる人」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今回もいきなり本題から〜。

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「脳と口が直結してる人」


 

秋風、コラ!

 

せっかく前回はいい感じで天才ぶりを発揮してたのに、

今回はそれが悪い方に出てしまっていました・・・。

 

すずめが100円玉いっぱい積んで、

公衆電話でおじいちゃんに五平餅の作り方を聞き、

やっとの思いで作った五平餅を一口食べ、

 

「まずい」

 

しかも、すずめが美味しい五平餅を作れないことに失望し、

 

「なんのためにお前を雇ったんだ!

お前は、五平餅要員だ!」

 

と、一口かじっただけの五平餅をごみ箱へポイ!

 

コラ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

秋風さんは、思ったことをそのまんま、

口に出す人なんですねぇ。

 

まさに、「脳と口が直結してる人」

 

裏表がなくてわかりやすいけど、

周りの人はズタズタになる・・・。

 

やりづらいのは、本人には悪意がないところ。

 

でも、こういう人は実際にもいるわけで・・・。

 

周りに秋風さんみたいな人がいたら、

いちいち真に受けていると心が持ちません。

 

そんな時は流すことも大事。

 

この人はこういう人なんだ、

私とは価値観が違うんだ。

 

悪意はないから、私のことを嫌いなわけではない。

勝手に口が動いちゃうのね・・・。

 

と思うようにしましょう。

 

私は人に対する許容範囲は広い方だと思うのですが、

過去に一人だけ、

 

「この人は宇宙人」

 

と認定した人がいました。

 

分かり合える部分が本当になかった。

でも面白いもので、宇宙人だと思うと、

心外なことを言われても腹が立たないんですよね。

 

根本的な解決ではないけど、

時にはこんな流し方が必要なことも

あるのではないでしょうか。

 

・・・・・・・・・すずめは、

対決しそうですケド(汗)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする