はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第33話から学ぶ女性のキャリア「人の成長を喜ぶ」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今日のあさイチのテーマは部活。

中学、高校、大学と体操部でしたが、

そんなに厳しい部活ではなかったので、

私はとっても部活が楽しかったです!

 

ただ、そこは運動部。楽しいだけではなく、

ケガもあり挫折もあり、精神的に強くなりました。

 

そして体操の醍醐味なんですが、

バク転、蹴上がりなど、技の一つ一つができるようになる、

小さな成功体験を積み重ねることができたのは、

良い経験だったな〜と思います。

 

成功のためには、努力が必要。

逆に、努力をすればそれは報われると

信じることもできます。

 

子どもたちの部活は、確かに親の負担も大きいけど、

自分が部活大好きだったので、

こちらも楽しんで応援しています♪

 

あ、部活のことになるとついつい語り過ぎてしまいます(笑)

 

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「人の成長を喜ぶ」


 

去年娘を送り出した身としては、

今日のはリアル過ぎました。

 

子どもの成長は親としてはとってもうれしい事だけど、

ずっと一緒だった子が離れて行ってしまう現実に、

心がざわざわしてしまうんですよね。

 

これも語りだすと止まらないので(笑)

 

今日テーマにしたのは、親の目線ではなくて、

なおちゃんの言葉。

 

東京へ行くすずめに、

 

「なんかが邪魔して今まで言えんかったけど、

秋風羽織に認められるなんてすごい!

頑張ってな!応援しとる!」

 

なおちゃん、よく言った!

 

「なんかが邪魔して」

 

のところに、なおちゃんの葛藤が出ていますよね。

 

幼なじみで大好きなすずめだけど、

そのすずめがいきなり自分から離れて

すごいところに行ってしまう。

 

そのことに、戸惑いや寂しさ、嫉妬、と言うとキツ過ぎるけど、

そんな想いがどこかにあったのかもしれませんね。

 

でもその葛藤に打ち勝って、

すずめに対してプラスの言葉をかけたこと、

すずめやその家族にとってはうれしいことですし、

何よりそう言えた自分を、なおちゃん自身が

好きになれたんじゃないでしょうか。

 

人の成長を素直に喜べない自分がいる一方で、

その気持ちにも向き合いつつ、

相手には笑顔でプラスの言葉をかける。

 

大人ですね、なおちゃん。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする