はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第32話から学ぶ女性のキャリア「卒業」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

毎年我が家では、GW中にコタツを夏仕様にします。

敷物を取り、コタツ布団も取り、

テーブル、というか、ちゃぶ台?(笑)として使います。

 

が、今年のGWは朝夕がわりと涼しかったので、

片づけそびれてしまいました・・・。

 

電気を入れなくても、

コタツ布団があるとほんわか暖かいんですよね♪

 

今週末に片づけるとします。

 

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「卒業」


 

 

いや〜、今日は色んな人の立場になっちゃって、

何をテーマにしたらいいのかわからなくなっちゃいました。

 

高校卒業をした自分の思い出(すずめたちの気持ち)

去年高校を卒業した娘の思い出(晴さんの気持ち)

娘が家を離れた時の思い出(晴さんの気持ち)

成長した近所の子を目撃した時のこと(喫茶店のママの気持ち)

 

でもやっぱり、

すずめたちの気持ちに寄り添ってみようと思います。

 

高校を卒業すると、その先の進路は

今までにないくらいみんなバラバラです。

希望もあるけど、いざ卒業となると、

寂しさや不安がこみあげてきて・・・

 

そんな状態だと思います。

 

そして4月はみんな新生活で大変。

そこで新しい環境に馴染めるか馴染めないか、

それが重要ですよね。

 

新生活に馴染む秘訣があります♪

 

新しい環境に馴染もうと思ったら、

自分がその生活を経験している姿を、

できるだけリアルに想像すること。

 

想像するだけではなく、調べる。

調べるだけではなく、足を運ぶ。

足を運ぶだけではなく、できるなら体験する。

 

今の時代、家にいても色んな事を調べることができますよね。

すずめなら、漫画家のアシスタントの生活を調べる。

(すずめはしないと思うけど:笑)

仕事内容はどんなので、働く時間帯はどんな感じで、

難しいのはこんなところで・・・。

 

そして現地に足を運んで現場を見ると、

よりリアルに自分の近未来を想像できるはず。

 

そんなことをしていると、漠然とした不安ではなくて、

こんな準備をしないとね、ということが見えてきます。

具体的にやることが見えると、

それをすれば不安は一つ解消できるということ。

そして、新生活への準備が一つ進んだということです。

 

新生活ではどんな環境が待っているのか、

想像や調査や準備が足りないと、

「こんなはずじゃなかった・・・」

となりやすいので、要注意ですよ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする