はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第17話から学ぶ女性のキャリア「運命に気付くには」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

ブログがたまっちゃっているので(汗)

しばらく前置きなしでいきたいと思います!

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「運命に気付くには」

 

ついに、すずめに「運命の人」現る!?

 

今まで恋愛には縁がなかったすずめだけど、

自転車で走っていく男子高校生が、

カセットテープを落とすという、

絵に描いたような運命の出会いが。。。

 

振り返ったその男子高校生は、

ナレーションによれば「微妙」(笑)

 

だけど、すずめはそのシチュエーションに、

運命を感じているようです。

 

そこで、今日のテーマですが、

こんな風にわかりやすいシチュエーションならば、

もしかしてこれ、「運命」の瞬間か???

と気づくこともできますが、

何気ないところに「運命」の瞬間があるのに、

気づいていない!ってこともあるんじゃないでしょうか?

 

ワタクシとしては、

恋愛はもうとぉぉぉぉぉぉぉ〜い昔の出来事なので、

仕事に置き換えて考えようと思うのですが。

 

今の講師の仕事を始めたばかりの頃、

どんな風に仕事を広めていこうかと

アンテナを立てまくっていました。

 

すると、人から

「今度こんな仕事の面接があるよ」

と教えてもらって行ってみたら新しい仕事につながったり、

メールで来た仕事の情報に運命を感じて応募したのがきっかけで

長期の仕事につながったり。

 

何気なく本屋さんで本を見ていて、

本のタイトルを見た瞬間、新しいアイデアが出てきたリ。

 

「運命」って、それに気づくかどうかで

本当に運命になったり、何もなかったことになったり。

 

そういうもののような気がします。

 

「運命の出会い」がないな〜と思っていても、

本当は気づいていないだけかもしれません。

 

自分に必要なものには常にアンテナを立てて、

ちょっとした情報でもキャッチして、

「これは運命に違いない!」と動いてみることで、

何かが始まるかもしれませんよ♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする