はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「べっぴんさん」第145話の女性のスマート・キャリア的テーマは「セカンドライフ」

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

昨日は普段車で行くところを頑張って歩きました。

冬の間、コタツの住人になってしまっていたので、

かな〜り運動不足なのです。

 

歩くと、色んなものが視界に入ってくるんですよね。

早咲きの桜も見かけましたよ。

 

春だし、歩く距離を伸ばしていこうと思います♪

 

さて、今日も「べっぴんさん」を

キャリアコンサルタント目線で分析しましょう。

 

今日のテーマは「セカンドライフ」です。

 

なんと!キアリスに新しい事業部が!

 

以前キアリスで買ったものをお直しして使っていただく、「お直し部」。

 

品質や着心地や接客にこだわり続けてきたすみれたちのキアリスだからこそ、

「娘にも着せたい」「孫にも使わせたい」となるのでしょうね。

 

そしてすみれたちは喜んでお直しをしている。

 

好きなことがいつの間にか仕事になって、引退したのにまた仕事して。

 

「セカンドライフ」というと、

一度何かが終わってその次、というイメージかもしれませんが、

先日の「轍(わだち)」の記事に書いたように、

私たちが歩いてきた道はず〜っとつながっているんですよね。

 

立場や環境が変わって、肩ひじ張らず気楽な感じで、

それで好きなことをしようと思ったら、

すみれたちの場合はそれが仕事の続きだった。ということです。

 

とっても自然ですよね。

 

一方紀夫はカメラにハマり中。

こちらは全然別物にハマっています。

(社交ダンス、したかったのかなぁ?)

 

立場上、「何かをしなければならない」ことが多かった時期から

肩ひじを張らなくて良い「セカンドライフ」へ。

 

「セカンドライフ」こそが、

一番自分らしい過ごし方ができる時間なのかもしれませんね。

 

何をしていいのかわからない〜とならないように、

今からしっかり楽しみをつくっておきましょうね♪

 

Okeiは当然、旅行旅行!

身体を大切にして、お金を貯めておかなくては♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする