はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第115話から学ぶ女性のキャリア「信頼し、許す」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

前置きなしでいきます。

 

 

今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「信頼し、許す」


 

過労で倒れてしまった福ちゃん。

それをフォローしようと、なんと鈴さんが

福ちゃんの家に戻ってきてくれることになりました。

 

小言は多いけど・・・

いざと言う時には本当に頼りになりますね、鈴さん。

 

萬平さんと福ちゃんの周りには、

彼らを助けてくれる人がたくさんいます。

 

でもそれは、普段の彼らの誠実な行いがあるからこそ

なんだと思います。

 

とりわけ、他人を信頼する力と言いますか、

許す力と言いますか、

そういう力を2人ともが持っているんですよね。

 

神部さんは、もとはと言えば

家に泥棒に入ってきた人ですよ。

 

戦後、日本に帰ってきたら何もかもがなくなっていて・・・

という状態だったとは言え、

家に泥棒に入った人だとしても、

事情を聞いて、許して、

萬平さんのそばに置いて面倒を見てきたんでしたよね。

 

世良さんだって、塩作りをしていた頃、

萬平さんたちに内緒で闇市で塩を売って

儲けていたのがバレたこともあったり、

萬平さんが苦境の時には知らんぷりをしたり・・・

ひどいことをしましたが、結局は許してましたもんね。

 

そういう人たちが周りで萬平さんと福ちゃんを

しっかりと支えているんですから、

(世良さんはまだあやしいけど:笑)

人のことをすぐに拒絶しないで、

信頼して許すということで

後に大きな力になっていることがわかります。

 

私もどちらかというと、

あまり人を疑わない方なのですが、

一度でも裏切られてしまうと

なんだか馬鹿らしくなってしまうんですよね。

 

正直者が馬鹿を見るということも

あると思うんです。

 

ただ、他人を信頼することをやめてしまったら、

周りには自分を信頼してくれる人さえ

いなくなってしまうんじゃないでしょうか。

 

裏切られても信頼し続けるという覚悟を持てる人は

器が大きいなぁ〜と思います。

 

少しでも近づけたらいいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする