はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第23話から学ぶ女性のキャリア「心の声」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

ワタクシ、高校野球ファン。

ドラフト会議には毎年ドキドキワクワクです。

 

今年は報徳学園の小園選手に大注目!

私は兵庫県出身なので、昔から強かった報徳学園は

憧れの高校でした。

 

そして甲子園での小園選手の活躍!うまい!

 

プロはオリックスを応援しているので、

オリックスが1位指名するとの前情報にテンション上がりました!

 

結果は、広島カープ。そっか・・・そうですか・・・。

いや、どこへ行っても頑張って下さい。

テレビでまたプレーを観れることを楽しみにしています♪

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「心の声」


 

上郡に疎開して、新しい生活を

楽しんでいるようにも見える、福ちゃんと萬平さん。

 

鈴さんは、相変わらず萬平さんのことを

認められていないようです。

 

そんな時、萬平さんのところについに赤紙が。

いよいよ萬平さんも、軍に入隊することになるのか・・・

 

その夜、鈴さんの夢枕に立つ、いえ、座る咲が、

 

「これで福子は未亡人よ・・・」

 

と、とんでもないことを言います。

 

そして、萬平さんが戦死したら、

今度こそ福子には勤め人の旦那さんを・・・

 

と、ひどいことを言い放ち、最後に、

 

「お母さんがいつも言うてることやない」

 

それにハッとする鈴さん。

 

自分の考えが正しいと思って、

それに反する結婚をした福ちゃんと萬平さんのことを

許せないでいたけど、そのせいで、

2人にちゃんと向き合ってこなかったことに気づいたようです。

 

今まで何度も鈴さんの夢に出てきた咲。

鈴さんが心の中で

「こうなって欲しい」

と思っていることを代弁してくれていました。

 

咲は鈴さんの「心の声」的な存在なのかなと思っていましたが、

今回は違いました。

 

鈴さん自身が気づいていない心の変化に

気づかせてくれたのですね。

 

思い込みのせいで、許せないと思っていた萬平さんを

心の奥の方ではもう許していて、

そのことに気づいていない鈴さんに

咲は知らせたかったのでしょう。

 

人の考え方には癖があって、

無意識でいると一つの方向からでしか考えられないものです。

 

とは言え、周りの人の影響で、

その考えが少しずつ変化していることも多いのです。

ただ、その変化に自分でも気づいていないことも

また多いのかもしれませんね。

 

何か、違和感を感じるな〜と思っている時に

今回みたいに咲が出てきてくれたらいいんですがね。

 

現実では、なかなか咲には夢枕に座ってもらえませんので、

本を読んだり、第3者からの意見を聞いたり、

自ら初めての経験をしたりすることによって、

自身の考えを見つめ直すことも大切です。

 

考え方は変わってもいいんです。

それもある意味、成長なのだと思います。

 

一度決めた考えは二度と変えてはいけない、

なんて思ってしまうと、生きにくいですよね。

 

変化のスピードが速い今は、

なおさらそれが言えるのではないでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする