はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第22話から学ぶ女性のキャリア「役割がない不安」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今日は久しぶりにコメダ珈琲でランチしました。

コメダのサンドイッチ、卵たっぷりで美味しいんですよね♪

コーヒーも美味しいし、お店の雰囲気もいいし、

大好きなんだけど・・・

 

3つ向こうの席の人が、

店内に響き渡るくらいの大きな声で会話していて、

ちょっと残念でした。

 

気を取り直して。

 

 

今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「役割がない不安」


 

萬平さんと鈴さんとの関係が面白いです(笑)

 

全くタイプの違う2人だけど、

時々息が合うんですねぇ。

 

福ちゃん、間に入って大変だと言いつつも、

カリカリするわけでもなく、

辺り散らすわけでもなく、

みんなで仲良くするのが一番でしょ、

と自然に母親を諭す様子、なかなかのものですよね。

 

さて今日は萬平さんの動きに注目します。

 

朝起きてくると、福ちゃんと鈴さんはなにやら作業中。

 

何か手伝おうか?と言うと、

何もしなくていいから休んでて、と返される。

 

一見、楽そうでいいよねぇ。

と思ってしまうんだけど、萬平さんは不服そう。

 

そのまま散歩に出て行って、

川で魚とりをしている子どもたちに交じって、魚とり。

とっても楽しそうです。

 

翌日にはなんと!川に電気を流して

魚を大量にGET!たちまち子どもたちのヒーローになっちゃいました!

(危ないので良い子は真似しないでください)

 

疎開中で、しかも体調が万全ではなく、

仕事をしていない萬平さんは、時間を持て余しています。

 

女性たちは家のことをするので気づいていませんが、

自分のやるべきことが何もない、

役割が何もない、という状態は、

楽なようでいてとってもストレスになるんです。

 

役割がない=居場所がないように感じてしまって、

居心地が悪いと感じてしまうんですね。

 

例えば、新しい職場へ初回の出勤。

じゃあ、あなたはここでこれをしてください。

と言われたらいいけど、

適当にやってください、と言われたら?

 

ええ?私はあてにされてないの?と感じてしまうかも。

 

みんなでバーベキューに行きました。

みんなテキパキ動いています。

自分は不慣れでやることが見つけられません。

 

私って何もできない子?と思ってしまうかも。

 

大学の授業でグループワークをする時も、

そういうことに慣れていない学生が多い場合は

細かく役割分担をします。

 

全員が何らかの役割を担うことになると、

一人一人が一生懸命動いてくれるんですよね。

 

新しい環境に来て、居場所がなくて居づらいなと思ったら、

自分ができることを探しましょう。

人から声を掛けてくれるまで待つのではなく、

動いてみてもいいんですよ。

それでもわからなければ、聞いてみたらいいですね。

 

迎え入れる立場であれば、

何もしなくていいよ、ではなく、

これやって、あれやって、と、役割を担ってもらいましょう。

 

やることがある、というのは幸せなことです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする