はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第2話から学ぶ女性のキャリア「ミスしてもOK!」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

なんと清々しい空!秋晴れです!

この秋は台風が大変で、雨も多かったですが、

今日は本当に気持ち良いお天気になりました。

 

車で移動なので、景色も楽しみたいと思います。

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「ミスしてもOK!」


 

 

また、わちゃわちゃしていますね(笑)

 

お母さん、仮病ですかね。

最初から怪しい感じでしたもんね。

それを見ている3姉妹のとらえ方から、

それぞれの特徴がちらほら見えて面白いですね。

 

咲・・・正直、誠実

克子・・・周りが良く見えていて、鋭い

福子・・・マイペース

 

さて、テーマにした「ミスしてもOK!」ですが、

電話交換手として働くふくちゃんは、

少しお仕事に慣れてきたものの、まだ危なっかしい様子。

 

そして、やっちまいました。

つなぐ相手を間違えちゃったんですよね。

 

そして、先輩社員に叱られ、

間違えてつないでしまった外国のお客様に、

謝りに行きました。

 

ごくふつ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜のことですよね。

 

だから、気持ちを切り替えてまた仕事に戻れば良いのです。

が、ミスをとっても気にしすぎてしまう若い人が

最近多いような気がするんです。

 

ミスをしないよう、しないように頑張って、

それでもミスをしてしまったら、

必要以上に気にしてしまって、

小さくなって謝って。

そして自分にはこの仕事は向いていないと、

早々に辞めてしまう、なんてことも。

 

確かに、職場でミスはない方が良いです。

ミスしないように努力することは必要。

 

だけど、100%防ぐなんてことはできません。

ミスをしてしまったら、その時にきちんと対処をして、

次からミスしないよう考えて動けばいいんですよね。

 

私なんて、契約しに行ったのに契約書忘れました!とか

見積書の金額を間違えて契約を取ってしまい、

契約できなくなっちゃいました!とか、

やらかしましたよ(笑)

 

上司は普段はとても厳しい人でしたが、

そういうミスを怒るような人ではなく、

それが救いになりました。

 

自分で反省して繰り返さないように

気持ちを引き締めていました。

 

それで、いいのではないでしょうか。

 

上の立場になった時には、

部下のミスを叱責するのではなく、

一緒にフォローをして、

次どうしたらいいのかを考える。

 

お互いにその方が気持ちいいですよね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする