はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第130話から学ぶ女性のキャリア「おひとり様メーカー」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今回も前置きなしでいきます。

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「おひとり様メーカー」


 

すずめ、早速津曲さんの事務所見学へ。

行ってみると、津曲さんの事務所は、

廃校を利用したシェアオフィスでした。

 

なんか、社会が現在に近づいてきましたね!

当時はSOHOって言ってませんでしたっけ?

スモールオフィス、ホームオフィス。

自分サイズのオフィスで好きなことを仕事にする、みたいな。

 

津曲さんの事務所が入っているシェアオフィスは、

小規模なメーカーばかり。

 

中には、一人でメーカーやってる人もいると聞いて、

すずめ、テンション上がっています。

 

そして出会ったのが津曲さんの妹。

津曲さんとは別に事業を立ち上げているようです。

 

全身緑色の宇宙人のような姿で、

案内された事務所もすべて緑色でできている。

 

緑が好きだから、緑色で質の良いものを作って

ネット販売しているのだそう。

 

この方も、「おひとり様メーカー」

 

すずめはもう、興味が止まりません。

だって、すずめもアイデア出しや制作活動は得意分野ですもんね。

 

妹、恵子さんのプレゼンも良かった〜。

 

ここにいる人は、「小商い」をモットーにしていて、

必要としている人に必要なだけ、心を込めて物を作ります。

緑にこだわるのは、緑が好きだから。

好きなものだから、素敵に作れる自信があります。

 

自分は大手メーカーに勤めていたわけではなく、

ただの主婦だった。でも、何かがしたいと思った・・・

 

そしてとどめの一言。

 

「人は、やる気さえあれば、何でもできます!!!」

 

感動しました。

 

それを聞いてすずめは、また新たな夢を発見したようです。

 

「おひとり様メーカー」という生き方、素敵ですね。

 

私はとっても共感してしまいました。

自分の好きなことを自分の力で仕事にしていくという生き方に。

 

仕事にするまでの道のりは簡単なことではないし、

仕事になったとしても、

食べていけるほどにできるかどうかなんてわからない。

限りなく不安定な仕事です。

 

それでも、同じように夢を持った人が集まり、

自分サイズの事業を動かしている。

 

こんな生き方もいいな〜。

 

夢がいっぱいつまったシェアオフィス。

あんなところに入れたら楽しいだろうなぁ〜。

 

と、私自身の夢も膨らんだ、今回の展開でした!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする