はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第102話から学ぶ女性のキャリア「里帰り出産」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

朝ドラブログ、ためてしまうと大変です(汗)

今回も前置きなしで!

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「里帰り出産」


 

険悪な感じだったすずめとりょうちゃんが、

お腹に赤ちゃんができたことで一気に仲直り。

 

そしてもう、出産ですか!速い!

かわいいですねぇぇぇぇぇぇ〜。

 

先週、娘がお友達の赤ちゃんを見せてもらいに行って、

抱っこした写真を送ってくれたんですが、

その時もうわぁぁぁぁぁぁぁ〜と思いました。

 

小さくてふにゃふにゃで見るからに危なっかしくて、

何とも言えない感情。

ああ、早く孫を抱きたい(笑)

 

さて、すずめは里帰り出産をしました。

出産は一大事です。

場合によっては母と子の命に関わることも。

たいてい、無事に生まれるんですけどね。

 

大事なのは、

妊婦さんが一番安心できる環境でその日を迎えること。

妊婦さんの心が安定している方が

出産もうまくいくんだろうと思います。

 

すずめにとってはそれが実家だったんですね。

母親のサポートはなんとも心強いです。

 

特に初めての時は、わからないことだらけですからね。

喜びだけではなく、不安もいっぱいです。

情緒不安定になってしまうこともあります。

でも、母親がいてくれると、安心できるんですよね。

 

夫のサポートも大きいです。

2人目の時にそれを強〜く感じました。

 

2人目は里帰りせずに自宅近くの病院で産んだんですが、

入院している間、上の子を見てもらいました。

夫の両親にも助けてもらって。有難かったです。

 

2人目を生んで退院した後は上の子を連れて、

実家でひと月ほど過ごしました。これもまた良かった。

 

実家にいる間は電話にも出なくていいし、

誰か来ても出なくていいし、

ゴハンを作らなくてもいいし、

子どもの世話だけに集中していればよかった。

実家の両親にも感謝です。

 

1人目も2人目も、出産前後は

自分のしたいようにさせてもらって本当に助かりました。

 

出産で体力が消耗して、すぐに始まる育児で睡眠不足になり、

その状態で今まで通り家事をするなんて、無理だったろうな・・・。

 

近くに妊婦さんがいるみなさん。

出産前後は、妊婦さんの希望をぜひ聞いてあげてください。

 

どこで産みたいのか、その後どこで過ごしたいのか、

家事は何をすればいいのか←これ重要。

家事分担ができていない家庭は、

これを機にぜひやっちゃってください。

それが、母子とも健康でいられる秘訣です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする