はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第95話から学ぶ女性のキャリア「自分のペース」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今回も前置きなしでいきます。

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「自分のペース」


 

昨日の続編になってしまいそうなんだけど、

今日もまたすずめの言動から学びます。

 

夜中の2時に酔っぱらって

大声で歌いながら帰ってきたりょうちゃんと元住吉監督。

 

迷惑な!!!!!

 

すずめのように、水をぶっかけるまでは

できないかもしれないけど、

あの状況だとかなり怒ってしまいそう・・・。

 

おばさんたちが住む本宅へ入り、

おばさんとりょうちゃん、監督が会話をしていますが、

すずめは怒っています。

 

いいのよ、怒って。

 

で、注目するのはその次です!

麦おばさんと監督とが映画の話で意気投合、

話が盛り上がっているところに

 

「あの。私寝ていいですか?」

 

いいですねぇ!

話の腰を折ることが良いのではありません。

 

できればそれは避けたいところだけど、

そうして避けて、避けて、また避けて、

しているうちに、

「寝られへんかったやん!」

となる方がもっとダメです。

 

女性は、周りの状況がよく見えるし、

よく察知できるし、空気を読んで動くことができる人が多いです。

 

それが良い面でもあるのですが、

悪い方に出てしまうこともあります。

 

周りを気にしすぎて、

自分のペースで動けないことがありませんか?

 

以前、何かで読みました。

 

トイレを我慢しない女性は、自分のペースで生きられる人だと。

商談などの交渉事も、自分のペースに巻き込める人だと。

 

ほほぉぉぉぉぉぉぉぉ〜とすごく納得しました。

私は言い出しそびれて我慢してしまうことが多いんです。

確かに、交渉事は苦手だ〜!と。

 

トイレって、本当に言い出しにくい。特に女性は。

そして我慢してしまいがち。

自分が行きたいタイミングで行けないのです。

 

でも、生理現象なんですから、

行きたい時の行くのが一番。

相手への気遣いよりも、身体のために優先して良いことなんです。

 

それを自然に率先できる人は、

自分のしたいことをしたいタイミングでできる人。

そういう考え方に納得したんです。

 

すずめが切り出したのはトイレではありませんが、

モヤモヤしたまま起きているより、

寝てもいいですかと寝た方が、

心にも身体にも良いはず。

 

自分のペースを崩されたまま生活を続けると、

いつか無理がたまってしまいます。

 

すずめのように自然体で言えると一番いいのですが、

それができないという人も、意識的に、

まずは行きたい時にトイレに行く、をやってみませんか?

バロメーターとしては良いですよ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする