はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第94話から学ぶ女性のキャリア「わだかまり」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今回は前置きなしでいきます!

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「わだかまり」


 

なんだかよくわからないまま、

すずめとりょうちゃんの新生活が始まりました。

 

いや、りょうちゃんは戦略的に

おばさんの家に住むことを決めたから、

よくわからないままなのはすずめですね。

 

そして、気づいているようです。

2人のお金の行方が不明瞭であることに。

 

すずめはりょうちゃんに、ストレートに問いかけます。

 

「あのお金はどうなった?」

 

と。

 

そしてりょうちゃんから理由を聞き、

少し怒っているようだけど・・・え?

その程度でいいの?????????

 

自分たちの新生活用に用意したお金を、

勝手に元住吉監督の映画製作につぎ込んで、節約のため

住む場所まで勝手におばさんの家にしちゃって、

もっと怒らなくていいの?????

 

と思いましたが、

すずめは許容範囲が広いのですね。

 

すずめのすごいところは、

ん?と思ったことは口に出してストレートに聞けるところ。

 

新婚の、しかも、付き合い始めてまだ日も浅い2人。

お金の事ってなかなか話しにくいと思うんですよね。

それを物おじせずにハッキリと聞けるのがすごい。

 

気になることがあっても、相手に嫌われたくないとか、

相手が嫌な思いをするんじゃないかとか

考えてしまって、言わないままにしてしまうこと、

ないでしょうか。

 

私はこう見えても(どう見えてる?)

意外と気を使ってしまう人なので、

 

気になることがあっても、言わない方がいいなと

言わずにおくこともけっこうあるんです。

 

すると、それが「わだかまり」になってしまって、

知らないうちにそれがたまっちゃって、

ある日我慢できずに・・・こわっ

 

そんな失敗をしたこともあるから、

意識をして「わだかまり」ができないよう、

気になったらその都度話すということを心がけています。

 

「わだかまり」とは

「心の中に解消されないで残っている不信や疑念・不満など。

また、そのためにすっきりとしない気持ち」(三省堂 大辞林)

 

とあります。

 

見るからに不健康ですよね!

気になることがあったらその都度解消!

すずめを見習いたいと思います。

 

そう決意しただけで、なんだかスッキリ♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする