はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第93話から学ぶ女性のキャリア「報・連・相」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

生き物って夏は成長するんですね〜。

ジェルネイルをした爪が延びてしまって、

キーボードが打ちにくくて仕方ありません。

 

付け替えのタイミングはずっと一緒なのに、

夏はびゅんびゅん爪が伸びます。

そろそろ付け替えなくては。

 

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「報・連・相」


 

 

ああああああああ〜、りょうちゃ〜ん、あかんって。

 

元住吉監督の映画のスポンサーが急にいなくなったからと、

りょうちゃん、自分でお金の工面をしようとしています。

 

すずめにその相談もなく、

家賃が安くて済むおばさんの家に住むことに決めるなんて。

 

しかもおばさん、相当癖が強い!

新婚でこの状況はあかん!

 

・お金を映画製作につぎ込もうとしている

・生活費を節約するためにおばさんの家に住む

・それらのことをすずめに相談しない

 

りょうちゃん、それはしたらあかんやろうリスト、

ざっとこんな感じです。

 

私だったら、一番許せないのは

相談もなくこの状況になってしまっていること。

 

相談してくれたら、2人で考えられることも

あるかもしれないのに!

結婚して、これから長い人生一緒にやっていこう!

と決めたばかりなのに、何の相談もないとは!

 

と思ってしまいます。

信頼されていないのかとショックも受けますし、

腹も立ちます。

 

結婚生活は難しいです。

別々の家で育った2人が、いきなり一緒に暮らし始めるんですから。

 

最初は、「え???」と思うことも多いです。

感覚の違いがありますもんね。

 

朝型、夜型の違いとか、

食事中は会話を楽しむのかテレビを観るのか、とか、

趣味に時間とお金をどれくらいかけるのか、とか、

 

中でもお金の使い方は問題になりやすいです。

 

だからこそ、お互いの感覚の違いに慣れるまでは特に、

「報・連・相」が大切です。

 

職場で良く言われていることですよね。

新入社員は特にマメに報連相しましょうね、と

言われると思いますし、転職しても最初はそうですよね。

 

夫婦の新生活でも、職場でも、

言わなくてもわかってくれるだろう、は、

期待してはいけません。

言ってもわかり合えないことも多いのに・・・。

 

ああ、この2人、どうなってしまうのでしょうか!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする