はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第92話から学ぶ女性のキャリア「安定か夢か」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

昨日は半日を外で過ごしました。

息子が野球をしてた時は、夏も冬も関係なく、

週末は一日中外にいたので、それなりに体力もあったけど、

それがなくなって丸3年。大丈夫か?私!

 

でも、長袖を着て、帽子を被り、日傘をさして、

スポーツドリンクと、凍らせたお茶と飴を待ち、

気合いを入れて行くと意外と大丈夫でした!

 

無防備な状態ではダメだったと思うけど、

対策をして、気合いを入れるって大事だなぁと思いました。

 

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「安定か夢か」


 

すずめ、あっという間に結婚しちゃって、

ちょっと拍子抜けしちゃった感じです。

 

危なっかしいのはまだまだ続きそうだけど、

なんか、幸せそうで良かったですね。

 

結婚したすずめのことを、楡野家で話をしていた時、

晴さんはやっぱりすずめの心配をしています。

 

りょうちゃんは今助監督だけど、

ちゃんと監督になれるのか?

つまり、ちゃんと生活できるんだろうか?

という事を心配しているんですね。

 

親としてはそうですよね。

 

そこですずめの弟、草太がこんな事を言いました。

 

「ねえちゃんは安定より夢を選んだんだよ」

 

と。

 

裕子さんの優雅な結婚生活を見て、

一時はお金持ちとの結婚を目指していたすずめだけど、

それは性に合わなかったんですね。

 

と言いますか、出会ったお金持ちに

気の合う人がいなかった、という感じですね。

 

すずめは小さい頃からずっと、律の夢を応援してきました。

そして、自分自身も漫画家としての夢を追いかけました。

 

漫画家デビューを果たし、本も出したけど、

だんだん漫画を描けなくなりやめてしまったすずめを

夢の途中で辞めてしまったという捉え方もあります。

 

でもおじいちゃんは違いました。

すずめは出版までして漫画家としての自分の夢は叶ったから、

今度はりょうちゃんの夢を応援するんだ、良い人生じゃないか!

 

もう、おじいちゃんに惚れてしまいそうです!

 

本題に戻って。

 

今の世の中、安定している仕事ってあるのか?

いや、ないんじゃないの?と思いますが、

少なくとも一般的には企業の正社員になったり、

公務員になったりすると、安定していると言われますね。

 

でもそうではなく、自分で事業を興したり、

アーティストのように、才能で勝負をしたりする人もいます。

多くの場合安定は望めないかもしれません。

 

良い時もあれば悪い時もあり、

波が激しくて、悪い時が続くと生活ができなくなったり。

 

それでもそれが自分のしたいことなら、

とことんやってみたい。

 

そんな人もいます。

 

安定が最高の幸せだと思う人もいれば、

不安定でも好きな事をしているのが幸せだと思う人もいます。

 

すずめやりょうちゃんは後者に近いのでしょうね。

どっちが良い、悪いではなく、

自分ならどっち?と考えるといいです。

 

また、タイミングもありますよね。

ずっと安定志向でやってきたけど、

そろそろ冒険したい!とか、その逆も。

 

夫婦でそこの価値観やタイミングが違っていたら、

ちょっと大変かもしれないけど、

すずめとりょうちゃんならそこは大丈夫そう。

 

私は、今は子どもの教育費がかかるから

安定していないといけないけど、

その心配がなくなったら、今よりもっと

夢を追いかけたいなぁ〜と思います。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする