はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第89話から学ぶ女性のキャリア「サプライズ」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

キャリアコンサルティング技能検定2級を受ける方に、

実技対策のロープレをさせていただきました。

 

当たり前のことですが、ロープレは生ものです。

題材はあるものの、話しているうちに

クライエント役、カウンセラー役お互いの心が動き、

同じ題材でやってもやる人が変われば全然違う流れになります。

 

いや、同じ人同志がやっても、

同じ流れになることはまずありません。

 

最初はロープレだと思ってやるのですが、

集中しているとロープレだということを忘れてしまいます。

なりきってしまうのですね。けっこうそれが快感です。

 

実技受験対策として

既に提示されている事例に対して準備をすることは大切だけど、

この人の問題はここじゃないかと

決めつけて対応してしまうことがないよう、

気を付けないといけないところです。

 

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「サプライズ」


 

おやおや、すずめさん、もうわくわくが止まりません。

晴さんもノリノリだし(笑)

 

そして、すずめは初めてりょうちゃんの住む部屋に遊びに行きます。

もう、楽しくて楽しくて仕方がない時期ですねぇ。

 

じゃあ、頑張ってください!以上!

とやってしまいそうですが(笑)

 

心配なのは、すずめが結婚へ急ぎ過ぎているところ。

だって今週のタイトルが「すがりたい」でしょう。

すがりたい気持ちで結婚をするって、危ういなぁ・・・。

 

すずめ、いよいよりょうちゃんの家へ。

ドアを開けるとそこは事務所。

 

りょうちゃんは映画製作の助監督をしていて、

自宅に仕事場があると、すずめにも言っていたようで、

事務所兼自宅をわくわくしながら見渡しています。

 

りょうちゃんに奥へどうぞと言われ、

奥の部屋を開けるとそこには・・・。

映画監督の元住吉さん登場。

 

すずめ、唖然。

りょうちゃんはサプライズ、してやったり感満載♪

 

いやいや、いやいやいや、いやいやいやいや。

 

りょうちゃん、違う。

サプライズが、違う。

 

あの!有名な監督がここにいるんだよ!

という得意顔のりょうちゃんだけど、

そう思っているのは自分だけだと、

なぜわからない???????

 

りょうちゃんにとって元住吉さんは、

その世界の有名人で、自分がとっても尊敬している人。

 

ただ、すずめにしてみれば、初めての彼氏のおうち訪問。

2人で楽しい時間を過ごす気満々で来てるのに、

なんでなん?ってなるし、私その人知らんし!ってなるやん!

 

残念ながら、ズレちゃいました。

りょうちゃんには全く悪気がないところがまた怖い。

 

サプライズって素敵だと思います。

相手はびっくりして、喜び倍増ですもんね!

 

でも何のためにサプライズをするのでしょう。

相手に喜んでもらうためですよね。

今回のりょうちゃんのサプライズは・・・・・・・・

真逆です!

 

自分の思い込みが強すぎると、こうなってしまいます。

相手がどう思うのか、を最優先にしないと、

逆効果になってしまいます。

 

ただ、繰り返しますがりょうちゃんには悪気はない、

しかも、あの有名な監督に会えれば喜んでくれるに違いないと思っている。

 

これは、感覚の違いと言いますか、価値観の違いと言いますか、

口で説明してもなかなか通じないところなのかもしれません。

 

この二人、大丈夫でしょうか・・・。

 

相手の立場に立って、とか

相手の気持ちになって、とか、よく言いますが、

それは意外と難しいもの。

 

私も仕事でキャリアカウンセリングをしますが、

思い込みをゼロにして、真っ白な状態で接しているつもりでも、

自分の価値観や経験が時には邪魔をします。

 

ただ、相手を決めつけてはいけない、

思い込みを持ってはいけないと、

意識するのとしないのとは全然違いますから。

 

りょうちゃんは素直すぎて、ストレート過ぎて、

天然過ぎて憎めないけど、

ちょっと自分から引いて相手を見るということを

してみて欲しいですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする