はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第69話から学ぶ女性のキャリア「スランプ」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今朝は猛烈な風雨でビビりました。

 

 

息子を駅まで送るのに、ドアを開けようと思ったら開かない。

風に押されてめちゃくちゃ重いんです。

うんしょうんしょと開けたら外は猛烈な雨。

見なかったことにしてドアを閉めました(笑)

 

息子に、

 

「行くん?」

 

息子

 

「行く」

 

えええええええええ〜。

と思いましたが警報は出ていないので、駅まで送ると、

電車が遅れていて人だらけ。

 

あ〜、きっと途中で警報が出るパターンだな、

と思いつつ、降ろしてきました。

 

今は落ち着いています。何だったんだ?あの暴風雨は。

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「スランプ」


 

 

すずめ、ちゃんと漫画家の先生になってる〜。

3年も連載するってすごい!

 

漫画ってこんな感じなんですね。

最初から長さとかストーリーが決まっているわけじゃなく、

人気があれば続くし、なければ終わる・・・。

く〜、厳しい〜!

 

常に新しく、面白いストーリーをつないでいかないといけない、

しかも毎月毎月・・・。そりゃ、ネタ尽きるわ。

 

漫画家って本当に大変な仕事ですね。

作家も音楽家も、芸術系のお仕事って共通しているところがありますね。

 

ゼロから新しいものを創造する。

自分の世界観を作品で表現する。

 

調子のいい時と悪い時があって仕方がない。

けど、仕事としての締め切りは守らないといけない。

 

裕子さんがスランプです。

漫画の人気が落ちちゃって、気分も落ちちゃって、

ストーリーも出て来なくって・・・。

荒れています。

 

うまくいかないことがあると、

荒れてしまうこともありますよね。

 

なんで自分だけ?

こんなに一生懸命やってるのに!

あ〜〜〜〜〜もうやってられない!

 

と、自分が嫌になる。

 

そして、そんな時は周りから心配されると、

余計に反発したくなっちゃったりして。

 

でも、そんな時こそが踏ん張り時なんですよね。

スランプの時の過ごし方で、次が決まる。

 

ひねくれて努力をしなくなるか、

苦しみをバネにして頑張るか。

 

あの時、もう少し頑張っていれば・・・と

後悔したくないなら、踏ん張らないと。

 

私はスランプの時は一人の時間を増やします。

今の自分、いけてる?と、自問自答します。

そして占いを読みあさります(笑)

 

占いは好き嫌いあると思いますが、

私は自分の気持ちを上げるのにけっこう効果があります。

 

運勢が良ければそれだけでなんとなく気分がいいし、

もし運勢が悪かったとしても、

こうすれば良くなるよ!と書いてくれてるので

それを素直に実行します。

 

ある程度時間がたてば、精神的なスランプを抜けられるので、

そこからは普段以上にコツコツと頑張ります。

 

そうして乗り越えられたら、

以前よりも強くなっているんですよ。

 

裕子さん、なんとか乗り越えて欲しいですね。

 

しかし、お化粧ってすごいなぁぁぁぁぁぁぁぁ〜。

裕子さんの変化であらためて、自分のお化粧を見直しました(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする