はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第68話から学ぶ女性のキャリア「第2の誕生日」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

前置きなし、写真なしでいきます。

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「第2の誕生日」


 

すずめと裕子さん、良い関係ですね。

 

漫画の締め切り直前の追い込みを

一緒に乗り切る二人。

 

なかなかはかどらない時には

二人で全然別の創作活動をしたり、

一人ずつテトリス(←懐かしい〜〜〜〜〜)したり。

寝落ちしちゃったすずめに毛布をかけてあげる裕子さん。

 

裕子さんって最初はちょっと冷たい感じの人だと思ったけど、

今の裕子さんは優しくてしっかりとしてて、

すずめのお姉さんのようです。

 

二人とも作品を完成させて、

ホッとして朝のおしゃべり。

 

すずめのおかげで心を開くことができたと、

すずめに感謝していましたよね。

 

そして裕子さんがすずめにこんなことを言いました。

 

「今日はすずめの第二の誕生日。

漫画家のすずめが、生まれた日にしよう!」

 

なるほど!

 

漫画家としてのデビューはやはり特別なこと。

それを第二の誕生日と名付けると、

今までの自分からさらにパワーアップした気分になりますね。

 

人生の変化のタイミングを、第二、第三の誕生日と名付ける。

そして、新たな気持ちでスタートする。

 

人生の節目を意識することで、

人生にメリハリをつけることができる気がしますね。

 

私も今まで数回の転機がありました。

 

そうだなぁ、第二の誕生日はいつだったかな〜?

いや、第三まであるな(笑)

 

私の第二の誕生日は、上の子を産んだ時。母誕生日。

第三の誕生日は、講師デビューの日。講師誕生日。

 

第四の誕生日はいつ来るのかな???

 

人生100年時代。

何度も生まれ変われるかもしれないと思うと、

わくわくしますね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする