はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第48話から学ぶ女性のキャリア「良くも悪くもある」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

やっと追いつきました〜。

今日も前置きなしで!

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「良くも悪くもある」


 

秋風さん、命に関わる状態じゃなくて良かったですね〜。

今回の一件で、秋風さんの人生も、

周りの人の人生も、深まったような気がします。

 

人生、何か事件がある度に、深まっていくのです。

 

そして今日も、秋風さんが深いぃぃ話をしていたので、

食いつきたい!と思いましたが、

2日連続で同じ人をテーマにするのが

なぜか嫌なワタクシ。

 

何がストッパーになっているのか、よくわかりませんが。

 

ははは。

 

と思いながら見ていると、

すずめと正人がとってもいいやり取りしているじゃないですか♪

 

すずめ、めずらしく元気がない。

優しい正人くんが声をかけると、

つい、秋風さんがガンであることを

正人に言ってしまいそうになり、ストップ。

 

律に、

 

「すずめの口は羽より軽い」

 

ととがめられたことを言うと、正人は

 

「でもそこが、すずめちゃんのいいところだと思うけどな」

 

また、女子がやられるやつですね(笑)

 

それを受けてすずめは

 

「良いとこと悪いとこはセットになっとる。

私は、無神経なとこがある。」

 

確かに、すずめの口の軽さやストレートすぎるところに、

傷つけられる人もいると思う。

実際ドラマでもやり過ぎやろ!と突っ込みたくなること多数・・・

 

一方で、表裏がなくいつも全力で動いているすずめに、

元気をもらう人もいるでしょう。

 

大事なのは、自分の中にある良いところ、悪いところ、

両方をちゃんと理解して、

良い部分を出せるようにすること。

 

そして、正人のように、人に対しては、

その人の良いところに焦点をあてる方がいい。

 

あ、すずめの口が軽いことをとがめた律が、

悪いと言っているわけでは・・・。

 

あれはすずめに近い存在としては、

必要な指摘なんですよね。

 

指摘してくれる人がいないと、

気づけないこともある。

 

それは、人間関係が出来上がっていることが前提ですが。

 

だから、すずめは幸せですね。

ちゃんと言ってくれる人もいれば、

良いところを認めて口に出してくれる人もいる。

 

やはり朝ドラのヒロインは、

メンズに恵まれるのね・・・。

 

なんのこっちゃ、収集つかなくなってしまった(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする