はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第20話から学ぶ女性のキャリア「最後までしっかりと!」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

昨日はネイルを付け替えに行きました。

気分は「いちごミルク色」(笑)

 

ネイルの色って、自分の爪に塗ってもらうと

思ったような色にならないこともあるのですが、

めちゃくちゃ思い通りの色になりました!

 

 

ネイルがお気に入りだと

パソコンのキーボードのスピードもUPしそうです♪

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「最後までしっかりと!」


 

あらら?「サンバランド」、

オープンできなくなったのね?

 

テーマパークをオープンしますから、

よろしくお願いします!と、

のどかな田舎の商店街に、突如現れた都会人。

 

地元の協力を得ようと、

若いイケメンは晴さんに「綺麗ですね」、と言い、

美女はワンレンボディコンでお父さんたちの視線を奪い、

事業説明会ではサンバを踊り・・・

 

なのに、資金繰りがつかなくなっちゃったんだって。

 

そして謝りに来た美女。

 

菓子折りを持参し、頭を下げ、

「お騒がせしました」

 

あ〜あ〜。と思っていたら、なんと!

責任者も担当者も、オープンできないことが決まったら

とっとと東京に帰ってしまったんですって!

 

そら〜あきません!

 

美女は、それはあんまりだと、

一人で謝って回っているというわけです。

 

仕事をしていると、

思い通りに事が運ばないこともありますよね。

 

でも、そういう時ほど、関わりのあった人に対して

うまくいかなくなった事情をお話して、謝る。

 

すすんでやりたいことではないですし、

気持ち的にはやだな〜と思うことですが、

それをしないと、その時に関わった人はどんな気持ちでしょう?

 

あの美女、商店街をひっかき回して〜と思っていましたが、

根は良い人なんですね。

 

彼女のような人が、後々周りの信頼を集め、

仕事で成功できる人なんです。

 

自分がしたことに、最後までしっかりと責任を持つ。

 

今日の名言でした♪

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする