はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第19話から学ぶ女性のキャリア「正面の位置関係」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

そして今日も、前置きなしで!

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「正面の位置関係」


 

あちゃ〜、すずめ、やっちまいました。

 

小林くんとの初デート、最初はなんかいい感じだったけど、

無口な小林くんと沈黙になってしまうのを避けて

暴走してしまいました・・・。

 

監獄の話、拷問の話、しかもイラスト付き(笑)

 

小林くんの表情が、だんだん引きつってきてました。

律が言うように、もう電話はかかってこないのでしょうか・・・。

 

でもいいですよね。自分の初デートの話を、

仲良しの幼なじみにして、

みんなであーだこーだ言えるって。

 

うまくいかないことがあっても、

このメンバーがいれば元気になれる。

そんな場ですよね。

 

それはそれとして。

 

すずめと小林くんの初デート。

レストランで食事をする時に正面の位置に座っていましたが、

初デートで正面の位置って、緊張度高まりませんか?

 

正面の位置関係って、お互いの表情がよく見えるので、

正式な場面では正面の位置関係でいることが多いです。

 

例えば名刺交換をする時とか、商談の時とか、

表彰状の受け渡しの時とか。

 

ただ、正面は圧迫感を感じやすいし、

緊張もしやすい位置関係と言えます。

 

初デートの時には、

テーブルの角と角を挟むような、

斜めくらいが良いのではないでしょうか♪

 

適度にお互いのことが見えますし、

かと言って緊張しすぎることもなく

リラックスできそう。

 

そうすると、会話も弾むかもしれません。

 

もっと仲良くなったら、横並びがおすすめ。

2人で同じ方向を見るというのは、

この先のことを一緒に考えるのに、良い位置関係です。

 

位置関係によって気持ちがざわついたり、落ち着いたり、

意外と心理面に影響があるんですよね。

 

そんなことを知っていると、

余計な冷や汗をかかずに済むかもしれません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする