はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第18話から学ぶ女性のキャリア「不器用でも」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

引き続き、前置きなしでいきます!

 

 

今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「不器用でも」


 

おっとぉ〜!すずめ、進展がありましたね♪

 

運命の人か?事件の相手との再会を果たしました!

 

その時の会話が初々しくて良かったです〜♪

 

相手の男の子はすずめと再会したくて、

何度か見かけたんだけど、勇気が出なくて

3回くらい声をかけられなくて、

そして今日、やっと声をかけることができたと、

素直〜な感じで話していました。

 

好感もてますね。

 

見るからに不器用な感じの彼、だけど、

一生懸命に自分の思いを言葉にしている姿は

誠実そのもの。

 

これ、面接でも言えることです。

 

面接がとっても苦手で、言いたいことの半分も言えない、

という人も多いですよね。

 

だからと言って、悲観しすぎないでください。

 

言葉がうまく出てこなかったとしても、

伝えようとする気持ちが表れていて、

自分なりの言葉で話せていたら、誠実さは伝わります。

 

うまく話せない自分はダメなんだと、

最初からあきらめてしまっては、

うまくいくものもうまくいきません。

 

不器用な自分を急に器用にしようと思っても

難しいですよね。

 

自分は不器用なんだ、と受け入れた上で、

背伸びしすぎることなく、

今の自分を伝えようという気持ちになれれば、

良い表情になり、言葉もついてくるのではないでしょうか。

 

そういう私も、講師をしていますが、

話す、伝える、ということには不器用なんです。

ついでに、よく噛みます(笑)

 

不器用だからこそ、どうしたら伝わるのか、

必死に考えます。

 

言葉が次々に出てくるタイプではないから、

言葉のストックを増やそうという意識を持っています。

 

不器用であることを自覚しているからこそ、

なんだと思います。

 

不器用、万歳!(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする