はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「半分、青い。」第2話から学ぶ女性のキャリア「出産」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今日の高校野球の第1試合、

両チームに知っている子がいるので、

どっちを応援していいのかわかりません!

 

両チームとも頑張って欲しいです!

 

 

さて、今日も「半分、青い。」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「出産」


 

やっと生まれました〜!

晴さんの出産、長かったですね〜。

 

でもこれは本当に人それぞれ。

あっという間の人もいれば、何日もかかる人もいる。

 

私は2人とも安産でしたけど、

それでも直前の1時間は大変でした。

難産だとどれほど大変か・・・。

 

なのに、生まれた赤ちゃんの顔を見ると、

今までの大変さが嘘のように思えるから不思議です。

 

10か月物間、自分のお腹の中に赤ちゃんがいるという、

「未知との遭遇」を経験。

食べ物も、飲み物も、赤ちゃんのものになると思うと

口に入れるもの全てが気になるようになり、

お腹が大きくなると、その重みで夜眠れないという、

想像を絶する世界。

 

そして、出産。

 

お腹に赤ちゃんがいるとわかってからずっと、

朝も昼も夜も、自分以外の人のことを考え続け、

生まれてからはもっとそうなる。

 

24時間、365日のほとんどが、赤ちゃんのための時間になる。

 

こんな経験が、仕事の役に立たないわけがない。

 

出産、育児中、仕事を休んでいる間をブランクと

思っている人も多いと思いますが、

いやいや、違いますよ。

 

喜んで自分より人のことを優先して動き続けるという、

ものすごい経験を積んでいるんですよ。

 

出産、育児はブランクではなく、キャリアです。

 

この春、育休明けで職場復帰をする人もいると思います。

現場力は下がってしまっているかもしれませんか、

自分が成長した部分も見つけれらるはずです。

 

就職活動中のママも、自信を持って動いてくださいね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする