はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「わろてんか」第151話(最終話)から学ぶ女性のキャリア「ヒストリー」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

昨日は野球に忙しい日でした。

 

朝は大リーグでイチロー、大谷君、

昼は高校野球、夜はプロ野球開幕戦。

一日中落ち着きませんでした!

 

いや、全部観てませんけどね!

 

私はプロ野球はオリックスファン、そして西くんファン♪

昨日は西くんが開幕投手!

 

彼がデビューしたころの、マウンドでのニコニコ顔が

好きだったんですよね・・・。

 

その後、いろいろありましたが頑張っていますよ。

表情が大人になりました。

 

昨日は負けちゃいましたが、

良い内容だったんじゃないですか???

いい投球ができた時のニコニコが見られてよかった。

 

これからも応援しますよ。

 

 

さて、今日も「わろてんか」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「ヒストリー」


 

ついに最終話ですね!

半年、色んな事がありましたねぇ。

 

その間、自分のリアルな生活でもいろいろありました。

朝ドラってそういう区切りにもなりますね。

一つ終わったらこの半年どうだったかなって、

考えるきっかけになります。

 

今日のテーマもそんなお話。

 

北村笑店の新しい形、

漫才の面白さと落語の人情が合わさった喜劇。

 

その題材は、北村笑店のこれまで。

 

てんと藤吉がどう出会い、どんな思いで風鳥亭を作ったのか、

どんな思いで芸人たちと家族のような関係を築いてきたのか。

 

それに、ふんだんに笑いのエッセンスを。

まさに、よしもと新喜劇でしたね(笑)

 

そうして、今までのことを演じながら、てんは、

北村笑店と一緒に歩んできた自分の人生に

寄り添っていたようです。

 

他のメンバーもそうかもしれませんね。

 

テレビ番組で「ファミリーヒストリー」というのが

ありますよね。私、けっこう好きなんですが、

出演者の親のそのまた親の、

場合によってはもっと前にさかのぼって調査し、

ルーツを探るというものです。

 

それを見ている出演者は、みんな感慨深い想いをされます。

 

ああ、こんな歴史があって、今自分はここにいるんだ、と。

 

良いこと、悪いこと、両方あったけど、

その両方で自分はできているんだと。

 

自分の「ヒストリー」を振り返ってみると、

今の自分に納得ができるんですよね。

 

キャリアコンサルタントの養成講座では、

今までの自分の生き方を振り返る時間があります。

自分の年表のようなものを作るんです。

 

私も作りました。

 

すると、自分の歴史が客観的に見られて、

なんだかとってもスッキリしたんです。

 

ここまでの道のりは平たんではなかったけど、

かえってそれが良かったんだなと思えて

気持ちよくまた前を向けたんですよね。

 

だから、ここぞという人生の節目の時には、

みなさんもぜひ、自分のヒストリーを振り返ってみてください。

 

卒業、結婚、出産、就職、転職、退職・・・

いろんな節目がありますが、

その時々で今までの歩みを振り返ることで、

また次に進んでいけるのではないでしょうか。

 

「わろてんか」は笑いがテーマなだけあって、

あちこちに笑顔あり、笑いありで楽しいドラマでした。

 

辛い時ほど笑え、というのは

とっても強いメッセージでした。

 

笑いは私にとっても大きなテーマなので、

これからも大切にしていきたいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする