はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「わろてんか」第140話から学ぶ女性のキャリア「最大のピンチは最大のチャンス」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今日も前置きなしでいきます!

 

 

今日も「わろてんか」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「最大のピンチは最大のチャンス」


 

今日のは特に見応えがありました!

 

息をするのを忘れるくらい、

のめり込んで観てしましました。

 

伊能さま、てん、風太のいろんな思いが

言葉からにじみ出ていました。

セリフはなくてもトキの表情にも

にじみ出ていました。

 

苦楽を共にしてきた仲間、という表現がいいのかな。

ぴったりの言葉が思いつきませんが、

それぞれが相手を思い、尊重してきた彼らの生き方は

見習うべきことがたくさんありましたね。

 

伊能さまは今、

人生で最大のピンチと言っていいほどの状況ですが、

本人が言ってのけました。

 

「人生最大のピンチは最大のチャンスだ」

 

深いぃぃぃぃぃ〜ボタンをパシパシ叩きたい気分です!

 

ピンチではない時は、自分の人生のことを

平凡な一日をただ平凡に過ごしているだけ、

と思っているかもしれませんが、

それはとっても幸せなことなんだと、

なかなか気づくことができません。

 

ピンチのおかげで

平凡がいかに幸せなことであるかに気付くことができます。

 

そして、ピンチだからこそ、なんとかせねばと

普段出せないような力を出すこともできます。

 

自分にこんな力があったんだと

気づくことができるんですよね。

 

私が今こうしてフリーランスで仕事をできているのは、

その前にピンチがあったからです。

 

もう社会復帰は無理かもしれない、という絶望感と、

いや、それでもあきらめたくない、という強い思いがあり、

行動につながったという経緯があります。

 

絶望感がなければ動いていなかったかもしれません。

 

こんな幸せな仕事ができているのは、

あの時の絶望感があったからこそ、です。

 

ピンチの真っただ中にいる時には

「チャンスが来た〜!」とは思えないものですが、

まずは言葉からはじめてみませんか。

 

私の得意のつぶやき。

 

「今は神様が〇〇しろって言ってはる」

 

この、うまくいかない状況は、何かの暗示だと、

他の方向に力を使ってはどうかと言われているんだと、

そうとらえてスイッチの切り替えをしています。

 

それにしても、てんの送り出し方は

なんともかっこよかった。

 

伊能さまの辞表を受け取らず、

北村笑店が伊能さまにアメリカ行きを命じたことにし、

支度金を渡す、なんて。かっこええ〜〜〜。

 

私も一度でいいからこんなかっこええことしてみたい(笑)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする