はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「わろてんか」第113話から学ぶ女性のキャリア「失敗」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

昨日は高校で金銭教育の授業を担当したのですが、

担当したクラスの生徒の元気なこと!

 

ゲーム性の強いプログラムなのでみんなノリノリで、

椅子をひっくり返すくらい喜ぶ男子も(笑)

 

そんな中、声を張り上げて頑張っていたんですが、

私の声って通りにくいんですよね。

 

昔に比べると出るようにはなったけど、

若い子たちの絶叫には勝てません!

 

そこで昨日体験したミュージカルのレッスン♪

発声練習するだけでも身体が温かくなりました。

 

あ、やっぱり普段の授業では本気で声を出していなかったってこと?

頑張って、通る声を手に入れたいと思います!

 

 

さて、今日も「わろてんか」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「失敗」


 

あちゃ〜!隼也、やっちまいました!

10万20万じゃなく、1000万を詐欺られたようです!

 

万丈目さんの

「目の付け所良かった」

というセリフはこういうことだったんですね。

 

マーチン・ショウの代理人だと言って

売り込みに来たハミル氏。

隼也は夢の実現のために奔走しますが、

てんも、伊能さまも取り合いません。

 

ハミル氏からは、他からオファーが来たから、

手付金を払えと言われます。

それが当時の5000円。今の価値で1000万円だそうです!

 

どう考えてもおかしいですよね。

 

もちろん、てんは相手にしませんが、

隼也は暴走してしまい、

父親が貯めていてくれたお金をこっそり使ってしまいます。

 

そして、ハミル氏に連絡を取ろうとすると、いない。

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

ちょっと、金額が大きすぎる失敗です。

 

それに、周りの忠告を無視して暴走してしまったことで、

本当なら信用を無くし、

誰からも相手にされなくなってしまうかもしれない事態。

 

幸い、お金の面では、人様から借りていないので、

それだけは良かったです。

 

失敗はしてもいいんですよ。

失敗から学ぶことは多いです。

隼也の父、藤吉もどれだけ失敗してきたことか。

 

ただ、防げる失敗もありますよね。

今回はちょっと注意が足りなかった。

 

もうここからは、周りの人に与えてしまった失望感を

なんとかなくす努力をしないといけません。

誠意をもって一つ一つの仕事をこなしていくしかありませんね。

 

失敗のない人生なんてあり得ません。

大事なのは、やっちまった時に

どう対処するのか、です。

 

私も、数えきれないほど失敗をしてきましたけど、

今こうしてちゃんと生きてますから、大丈夫!

なんとかなる!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする