はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「わろてんか」第104話から学ぶ女性のキャリア「人前で悩むな」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今朝、パソコンを立ち上げたら、

画面が黒いままで・・・・・・・・・

 

一瞬で色んな事が頭をめぐりました!

 

明後日の、パソコンを使う仕事は、

誰のパソコンを借りようか・・・いや、買うか!

待て!その時に使うデータ、まだUSBに入れてない!

どうやったらデータを取り出せる???

いや、その前に昨日一生懸命作ったあのデータは???

 

ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

でも、強制終了をして、試してみたら、

無事、通常通り立ち上がりました・・・

 

良かった。

 

急にパソコンが壊れることほど、

恐ろしいものはありません。

 

早速バックアップ取ろうと思います!

 

 

さて、今日も「わろてんか」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「人前で悩むな」


 

漫才大会は評判も良く、お金の入りも良くて

大成功だったようですね〜。

 

ただ、「ミスリリコ アンド シロー」は・・・。

 

てんの興行師としてのデビューでもあったわけだけど、

シローは緊張のあまりセリフを言えず、

リリコがフォローしたものの、

新聞には痛いことが書かれていて、

風太も万丈目さんも、もうやめた方がいいと批判的。

 

てん自身はまだあきらめるのは早い、

と思っているけど、うまくいく確証もなく、

もんもんとしてしまいます。

 

そんなてんに伊能さまは、

 

「人前で悩むな、へこたれるな。

一旦やると決めたことを簡単にあきらめるな。

これが社長の極意かな。」

 

おおおおお〜♪

 

厳しいけど、納得の言葉です。

 

社長には、孤独な決断が必要な時がある。

みんなを引っ張っていく立場である以上、

社長がみんなの前で悩んでしまっては、

方向性が定まらないですよね。

 

専務の風太に任せるやり方もあるけど、

それをしてしまうと、

てんはお飾りの社長になってしまう。

 

それを避けさせたくて、伊能さまは

自分が社長として積み重ねた経験を伝えたのですね。

 

てんも覚悟ができ、風太に

「これは道楽ではない、れっきとした会社の事業や」

と言い切り、「ミスリリコ アンド シロー」が

再度高座に上がることを約束させました。

 

女性は、決断したり、

自信を持ってみんなを引っ張ったりすることは、

苦手な人が多いと思います。

 

私もそう。

 

でも、立場によってはそれが求められることも

あるのですね。

 

私は個人事業主なので、人を引っ張るということは

普段はしていないのですが、

自分自身に発破をかけて、「あきらめるな!」

と言い聞かせることは多々あります。

 

一本芯が通っていると、

社長ならみんながついて来てくれるし、

一匹狼でも賛同者が現れるのではないでしょうか。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする