はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「わろてんか」第99話から学ぶ女性のキャリア「女興行師にしかできないこと」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

娘が旅行先のグアムから

いっぱい写真を送ってくれています。

 

そう言えば、私も学生の頃、

初めての海外旅行でグアムに行ったけど、

その頃は携帯電話なんてないし、

インターネットだってなかった(と思う)から、

毎日連絡するなんてこと、電話しない限り無理だったな〜。

 

それを思うと、今は遠くても近いですね。

 

 

さて、今日も「わろてんか」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「女興行師にしかできないこと」


 

風太のやつ、てんはつなぎ、とか

女にはできることに限りがある、とか、

頭かったいなぁ!(トキの真似:笑)

 

それと対照的な伊能さま。

 

あまりに対照的で風太がちょっとかわいそうなくらい(笑)

 

てんが、自分が社長をしていることを

おかざりだと言うと、

 

「それは違うな」

 

と言い切った!

てんが新しい芸人を発掘して、認めさせればいいと。

 

そして、「女興行師にしかできないことがある」と。

 

こんなこと言ってもらえたら嬉しいだろうなぁ。

 

女性がせっかく頑張っていても、

「なんで女なのにそんなに頑張るの?」

とか言われた日にゃ〜、ドッと疲れが出ちゃいますからね。

 

女性、男性と、何もかもがきっぱり分かれるわけではないけど、

女性と男性とはやっぱり視点が違うと感じることは多々あります。

 

だから、それをビジネスに活かせばいいんですよね。

 

男性にしかできないビジネスのやり方があるなら、

女性にしかできないやり方だってある。

 

生活者の視点、家庭を通しての視点、

上下関係に縛られることなく、広く周りを見ることができる視点。

季節の変化や服装の変化を敏感に感じることができる感性。

色や香りを見分けたりかぎ分けたりできる繊細さ。

言外のことまで感じ取る力。

 

これらは特に女性が強い部分ではないでしょうか。

 

日本の会社の社長の半分が女性だったら、

また違った日本になっているんだろうな。

そんな日が来るのかなぁ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント
コメントする