はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「わろてんか」第94話から学ぶ女性のキャリア「〇〇のおかげ」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

やっちまいました・・・・・・・・・・。

 

我が家は生協の共同購入を利用しているのですが、

先週の水曜日に届けていただいたものを、

そのまま外に放置してしまいました。

 

先週水曜日は沖縄帰り。

翌日はまた泊まりだし、

仕事の準備もまだできていないし、

わちゃわちゃしていたらすっかり頭の外。

 

昨日ふと、ん?????注文しましたっけ?

と思って、恐る恐る発砲スチロールの箱を開けると、

そこには解凍済みの冷凍食品がΣ( ̄ロ ̄lll)

 

外が寒いので野菜たちは無事だったけど、

解凍されたお肉は、あきらめるか・・・・・・ぐすん。

 

 

さて、今日も「わろてんか」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「〇〇のおかげ」


 

元ごりょんさんで藤吉の母、啄子(こんな名前やったんや)が、

アメリカからやってきました。

 

いや〜、相変わらず美しい。

そして「おきばりやす!」

のかっこいいこと。

 

てんが北村家に来た時には、

なかなか嫁と認めてもらえず、

ぎくしゃくしていた啄子とてんだけど、

こんな平和な日が来るなんてね〜。

 

藤吉も、昔は母の力が大きすぎて

頭が上がらないのと、それをなんとかしたいのとで、

ただがむしゃらな感じだったけど、

今じゃすっかり大人になりました。

 

そんな藤吉を見て、母は、

「おおきにな。今のわてがあるのは、あんたのおかげや。」

 

このフレーズ、心の中にはあっても、

なかなか照れ臭くって言えなかったりしますよね。

 

それをしっかり、目を見据えて言い切る啄子は、

やっぱりかっこいいです。

 

「〇〇のおかげ」

 

つまり、誰かに対する感謝の気持ちは、

心の中で温めておくだけではなく、

口に出したいものですよね。

 

家族でも、友達でも、仕事関係でも。

 

私も、そんな風に言ってもらえたら嬉しくって、

また次も頑張ろうと思えますし、

仕事でお世話になっている人には

「〇〇さんのおかげで助かりました。」

とはよく言うんですが、

家族には言ってない気がする・・・。

 

ちょっと意識的に言ってみましょうかね。

近いうちに。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする