はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

エルトゥールル号の大島に行って来ました

JUGEMテーマ:旅行

 

新宮からの仕事帰り、

いつもは内陸部を突っ切って帰るのですが、

今日は時間が早いし、お天気が良いので、

海周りで帰ることにしました♪

 

新宮市を海に向けて走ると、こんな景色に出会えます。

 

 

パノラマでお見せできないのが残念です!

 

海がまあるいんですよ。

そう、地球の丸みがわかるくらい、

水平線がひろ〜〜〜〜〜〜く見えるんです!

 

そこからバイパスを通って国道に出て、

ひたすら北上。

途中海のすぐ近くの道を走るので

テンション上がります♪

 

せっかくなので、古座川の一枚岩か大島か、

どっちかに行こう!と思いながら車を走らせ、

この青空ならやっぱり・・・海だ!ってことで、

大島に行くことにしました。

 

その前に、橋杭岩。

 

 

いつ見ても不思議な岩たち。

 

岩の後ろに見えるのが、実は大島です。

ぐる〜っと回って大島まで向かいます。

 

大きな橋を渡って大島へ。そしてそのまま

先端まで走って行きます。

 

お目当ては、島の一番先っぽにある樫野崎灯台。

 

駐車場に車を停めて歩いて行きます。

 

エルトゥールル号の遭難慰霊碑が見えてきました。

よくニュースで映っている場所ですね。

 

 

 

その両側は海です。すごい景色です。

 

 

大島の人たちは嵐の中遭難した

エルトゥールル号の乗組員を助けたのですが、

島の周りは断崖絶壁!

大きなトルコ人をかついで、どうやって登ったんでしょうか!

 

さらに進むと、見えてきました!灯台です!

ワタクシの影と共にどうぞ♪

 

 

全体像。またワタクシの影が。どこにあるでしょう(笑)

 

 

らせん階段を登りました!

 

 

すごい!

 

 

すごいです!絶景!!!

 

 

灯台を降りて帰り道は、

夕日に向かって走りたくなる光景。

 

 

途中でトルコ雑貨のお店の店主らしき外国人に、

英語で話しかけられ(トルコ人だよね?)

必死のパッチで受け答えしてると、

え?途中から日本語???

 

しゃべれるんか〜い!(笑)

 

しかし、ちょっと前に英会話頑張ってた時があって、

「How are you?」

に対する答えをいくつか覚えていたはずなのに、

いざとなると

「Fine!」

と答えてしまっている日本人代表なワタクシ。

 

まだまだです。

 

車に乗り込み、

島から戻るための橋の手前まで来ました。

 

 

 

さっき、写真を撮っていた橋杭岩が、

遠くに見えるの、わかりますか???

 

あっちとこっちから撮ってみました(笑)

 

ほんの40分くらいしかいなかったけど、

な〜んかとっても非日常な世界を味わえて

ものすごくいい気分になれました。

 

日本じゃないみたいな雰囲気がありましたよ〜。

 

和歌山にもまだまだ見どころがありそうです。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする