はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「ひよっこ」第150話から学ぶ女性のキャリア「勘違いも悪くない」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

昨日は超久しぶりに奈良の街に行って来ました。

 

奈良と言えば平城京跡とか奈良公園とか、

お寺とかのイメージだったのですが、

街歩きだけで楽しめました♪

 

 

別記事で書いていますのでよかったらどうぞ♪

 

ならまち歩きとカフェ「にこちゃん堂」

 

さて、今日も「ひよっこ」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「勘違いも悪くない」


 

おっと、今度は省吾の告白ですね。

 

しかも、母と娘にも聞かれているという・・・。

私だったらやだな(笑)

 

でもそのおかげで、

省吾が亡くした妻へどんな思いを持っているのか、

愛子にだけでなく、鈴子や由香にも伝わりました。

 

お互いに大切な人を亡くして

その人への思いを持ち続けている。

それでも新しい恋をしたい。

 

大人の恋ですね。

 

そして愛子の、ああ勘違い(笑)

 

省吾は、お付き合いをはじめましょう、

と言ったのに、早とちりして、

愛子の中では結婚することになってて・・・。

鈴子や由香にそれとしてのご挨拶。

 

違うよね?とツッコミを入れられて焦る愛子だけど、

もうそういうことでいいよね〜という流れに(笑)

 

ちょっと恥ずかしかった勘違いだけど、

こんな前向きな、幸せな勘違いなら悪くないですね。

 

人が話したことを前向きに捉えられている

ということだと思います。

 

人が話すことを全て後ろ向きに捉えてしまうと、

省吾がお付き合いしましょうと言っていても、

「同情してくれてるだけなんじゃ・・・」

とか、

「今は話の流れでこうなったけど、

本心は違うんじゃ・・・」

とか、考えてしまうんじゃないでしょうか。

 

それって、ちょっと寂しいですよね。

 

愛子のように、ちょっと天然に(笑)

良いように勘違いできた方が、

幸せかもしれません。

 

みんなが良い方向に向かっていて、

観ていて心がほっこりします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする