はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「ひよっこ」第146話から学ぶ女性のキャリア「女心と秋の空」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

タイトル通り、今日はスッキリとした秋の空です。

 

 

いつの間にか季節が移っていますね。

 

寝具や衣料を秋物にしないといけません。

毎年の事なのに、秋口に何を着ていたか

思い出せないのはなぜでしょう・・・。

 

さて、今日も「ひよっこ」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「女心と秋の空」


 

奥茨城母の会、いいですね〜♪

おじいちゃんもお父ちゃんも、タジタジな感じ(笑)

 

こんな風に何でも話せるママ友が

近くにいるといいですね。

 

テーマの「女心と秋の空」ですが、

コロコロと様子が変わりやすいことの例えですよね。

 

どうして女心はコロコロと変わるのでしょうね。

 

私なりに考えてみました。

 

女性の脳はマルチタスクだということは

研究でわかってきているそうです。

 

つまり、いろんなことを同時進行で考えたり、

動作したりできるということです。

 

お料理をしながら電話しながらテレビを見ながら

子どもの帰る時間を気にしながらビールを飲む、

なんてこと、よくあります(私だけ?:笑)

 

逆に、一つのことにガッツリと集中するのは

苦手なのかもしれません。

 

本を読みながらもあれこれ考えていますもん。

家にいると特に、ですね。家事のことを考えてしまいます。

 

コロコロ変わるのは、

この、マルチタスクが原因なんじゃないのかな〜と思うんです。

 

同時進行で色んなことを考えているから、

今考えがまとまったけど、

他に考えている途中のものがあって、

10分後にはまた違う考えがまとまっちゃった。とか(笑)

 

「女心と秋の空」って、

あまり良い意味では使われませんが、

柔軟性があるというところでは良いのではないでしょうか。

 

だって、

「私はこの考え方を変えるつもりはありません」

という人ばかりだと、

世の中うまく回りませんよね。

 

ただ、コロコロ変わることで

周りを振り回してしまうかもしれないということは

自覚しておかないといけないところでしょう。

 

さ、今日は資料を作らないといけないので、

集中して頑張らないと!

 

あ、秋物出さなきゃ!

あ、晩ごはんどうしようかな!

あ、銀行行かないと!

あ、あの本途中だった!

あ、ポイント使わないと失効しちゃう〜!

 

こらこら・・・。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする