はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「ひよっこ」第140話から学ぶ女性のキャリア「人の声を聴く」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

実は今、仙台に一人旅に来ています!

旅日記はまた別記事で♪

 

旅行中でも、朝ドラブログ、書きまっせ♪

 

さて、今日も「ひよっこ」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「人の声を聴く」


 

時子のコンテストの日が近づいてきました。

 

あかね荘の女子が時子のために集まっています。

 

時子は自分で考えた自己アピール文を

みんなに読んでもらい、感想を聞きました。

 

これ、サラッとやってますが、

とーーーーーーっても勇気がいる行動ですよね!

 

普通は恥ずかしくてなかなかできません。

それだけ時子が本気だということでしょう。

 

私は大学でキャリアの授業を担当していて、

学生の自己PR文の添削もしています。

 

せっかくいいものを持っているのに

文章表現の仕方が良くなかったり、

そのこと書くより、あっちのことの方がいいよ!

という内容だったり…。

 

ここをこうすればもっと良くなるよー

ということがよくあります。

 

客観的にみてどう?というのは、

自分ではなかなかわからないのです。

 

時子の場合も、内容は悪くないけど、

ずっと一緒にいるみね子から見ると、

もっとこう書いた方が時子らしいというところが、

客観的に見えたわけですよね。

 

自分ではわからないことが、

他に人には見えることもあるんです。

 

次にやろうとしているリハーサルも、

他の人の意見を聞こうとしているわけで、

その姿勢があれば、

時子は成長し続けることができると思います。

 

私は講師をすることが多いので、

アンケートをよくいただくのですが、

時々辛口のご意見をいただくことがあります。

 

正直「うっ」となります…。

が、有り難く受け止めます。

 

辛口の意見を言うのだって、

勇気がいることですからね。

 

何かにチャレンジしようとするとき、

思い切って人の意見を聞いてみると、

思いがけないヒントをもらえるかもしれません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする