はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「ひよっこ」第131話から学ぶ女性のキャリア「面倒くさい人」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

今日のあさイチは福山雅治さんですか!

 

こないだの三男は若々しい爽やかさだったけど、

福山さんは大人の爽やかさですねぇ〜♪

 

今日はお天気も空気がカラっと乾いて爽やかだし、

朝からいい気分です〜♪

 

 

さて、今日も「ひよっこ」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「面倒くさい人」


 

早苗がまた抜群の分析力を見せていました。

 

「面倒くさい」には2種類ある。

1つ目は共感されやすい面倒くささ、

2つ目は共感されない面倒くささ。

 

さすが早苗!わかりやすい!

 

由香は子どもの心のまま大きくなったような・・・。

「私にかまってかまって〜」

「私のやることになんか文句あるぅ〜?」

という面倒くささ。

こんな感じでしょうか。

 

由香は深く付き合えば純粋なところが見えて

なんだかかわいいやつだなぁってなるけど、

そこまで行く前にヤな感じだな〜と

避けられてしまう可能性もある人。

 

でも、そういう早苗だって面倒くさいですよね!

 

早苗は人の心を読み解き、

放っておいてくれない面倒くささ(笑)

これ、やられたらたまりませんよね!

 

とは言え、早苗の冷静さは

女子のグループでは必要なんですよね。

みんなが感情に突き動かされてわ〜!となっても、

早苗だけは落ち着いて物事を整理してくれるから。

(今日の後半は何かが起きたみたいだけど!)

 

由香と同じく第一印象は最悪かもしれないけど、

深く付き合えばいい味出してくる人。

 

あらためて考えてみると、

「面倒くさい」のは、

人間らしい部分なのかもしれませんね。

 

大人になって社会性を身に着けると、

なるべく面倒くさくない人にならなければ!と

ちょっと嫌なことがあっても軽く流したり、

言いたいことを言わずに自分を抑えたり、

無理〜って思いつつも「いいよ」と引き受けたり・・・。

そんな風になりませんか?

 

人によっては面倒くささのかけらも感じられず、

「どうしていつもそんなに素晴らしいのですか!」

という人もいらっしゃいます。

 

逆に、

「なんであなたはいつもそんなに面倒なんですか!」

という人もいらっしゃいます。

 

社会人としては、面倒くさくない人の方が好まれます。

ただ、あまりに完璧すぎる人は

その人の本音がどこにあるのかがわかりにくい気がします。

 

面倒くさい人の方が、こちらもホッとできるというか、

そんな時もあると思いませんか?

 

要は程度の問題なのかもしれませんね。

 

完璧な人なんているわけないんだから、

そこを目指さなくてもいい。

 

いつも面倒くさいな〜と言われている人は、

そんな人になり切らなくてもいい。

 

本当は由香みたいに、

面倒くさくない人になりたいって

思っているのではないでしょうか。

 

肩の力を抜いて、今日のお天気のように、

さらっと爽やかな気分でいきましょう♪

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント
コメントする