はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「ひよっこ」第129話から学ぶ女性のキャリア「顔を見て話す」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

あさイチに三男登場!

か、かわいい・・・

おばちゃん、朝からときめいてしまいました(笑)

 

 

さて、きょうも「ひよっこ」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「顔を見て話す」


 

いきなり修羅場が来ました〜!

と思ったんだけど、爽やかでしたね。

さすが朝ドラ!

 

時子は三男の本心を立ち聞きしてしまって、

自分が中途半端なままでいると、

三男のことを縛り付けてしまうんじゃないのか、

そんな思いがコンテストへの応募を後押ししたんですよね。

 

そして、三男へそれを宣言し、

暗にお別れを言いました。

 

その時の三男、時子の表情が

たまりませんでした。

 

長く話したわけではなく、

短い言葉だったけど、

ちょっと切ない表情があったからこそ、

相手の胸にはググっとくるものがあったはず。

 

そしてそんな二人を見ていたさゆりとみね子も

感じるものがあったのですね。

 

そんなシーンを見ていて感じたのは、

やっぱり顔を見て話すことは大事だな〜ということ。

 

今はスマホを使ったコミュニケーションが

多く使われています。

 

離れている相手ともすぐに会話できるし、

面と向かったら言えないことも

LINEなら書けたり、

ミーティングのようなこともすぐにできたりと、

とっても便利ですよね。

 

ただ、言葉とは別のもの、

今回だと表情とか、体の動きとかですね。

そういう全身からかもし出される雰囲気は、

実際に会っていないと伝わらないものです。

 

言葉を使わないコミュニケーションを

「ノンバーバルのコミュニケーション」と言います。

「表情」「動作」「声の調子」などで

思いや情報を伝え合うことをいいます。

 

言葉の力はとても大きいですが、

それ以外の部分の影響も大きいんです。

 

普段はLINEなどの便利なツールを有効活用し、

ここぞという時には会って顔を見て話す、

これが大事じゃないかなと思うんです。

 

先日、会社を辞めます、という連絡を

LINEでした人がいる、ということを聞いて、

ビックリ仰天しましたが、

ちゃんと使い分けができていないと、

とっても失礼なことになってしまいます。

 

それに、

人の能力って、毎日のように使っていると高まるけど、

使っていないと退化していきますよね。

 

スマホのコミュニケーションを駆使している人は、

短い言葉で相手に何かを伝えるということは

とても上手になると思います。

 

スタンプや絵文字だけでも伝わりますもんね!

 

でも、表情を見て相手の気持ちを推し量ることは

苦手になってしまうのかもしれません。

 

そうなると寂しいですよね。

 

自分のコミュニケーションの方法が、

偏ってしまっていないか、

時々点検してみてもいいかもしれませんね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント
コメントする