はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「べっぴんさん」第149話の女性のスマート・キャリア的テーマは「見る人によって」

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

今日は暖かいですね〜。

うちの近所ではまだソメイヨシノは咲いていませんが、

もしかしたら今日でちらほら咲き始めるかもしれません♪

 

桜が咲いたらカメラ持って写真を撮ってこようと思います♪

 

さて、今日も「べっぴんさん」を

キャリアコンサルタント目線で分析しましょう。

 

今日のテーマは「見る人によって」です

 

藍が戻ってきました。

 

頭の中に思うことがあるのに、

それを言葉で表現するのが苦手な藍。

 

すみれ、そのままですよね〜。

 

すみれが子どもの頃、靴が針と糸で作られていることを知って、

どうなっているのかを知りたくて、父親の靴を分解してしまったことを話すと、

藍もカメラを分解してしまった理由を話しました。

 

写真に写っている人の表情が優しくて幸せそうだから、

カメラに何かが入っているんじゃないかと思って分解したと。

 

それを聞いた紀夫の言葉。

 

「同じ一枚の写真でも、見てるだけで幸せになれる人もいれば

そうやない人もいる。

優しさや幸せを感じることができた、藍の心が豊かなんや」

 

ええおじいちゃんですねぇ、紀夫。

 

同じものを見ても、見る人によって感じ方が違うというのは、

写真にだけ言えるのではなく、お花を見たとき、風景を見たとき、

映画を観たとき、本を読んだとき、お料理を食べたとき・・・

いろんな場面で同じ経験をしても、感じ方は人によって違うんですよね。

 

何気ない光景でも、「素敵だな」と感じられる人は、

心が豊かだということですね。

 

Okeiが大学の授業でやっている「GOOD&NEW」

 

一週間のうちで経験した「GOOD」なこと「NEW」なことを

みんなの前で発表するのですが、

それをやると日常のちょっとした経験を「GOOD」なこととして

とらえることができるようになるのです。

 

みなさんもぜひ、身近なところで起きている

「GOOD」なことを見つけてくださいね♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする