はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「べっぴんさん」第141話の女性のスマート・キャリア的テーマは「そろそろ、次の人生」

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

今、娘が運転免許の教習所の卒業検定を受けています!

検定が受かると、その勢いで受験しに行きます。

母はアッシー(昭和!)です。

 

我が家にはミッションの車があるので、

娘にもマニュアル車で免許を取るように言っていて、

最初はブーブー文句言っていましたが、

坂道発進を教官に褒められた!と喜んで帰ってきたりして、

けっこう順調にいっているようです。

 

うまくいけば今日、免許証が手に入る娘。

こわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

安全運転で、と心から願います。

 

さて、今日も「べっぴんさん」を

キャリアコンサルタント目線で分析しましょう。

 

今日のテーマは「そろそろ、次の人生」です。

 

今日はキアリスの歴史を振り返ることができましたね。

 

健ちゃんも一時はカドショーの古門社長に感化され、

スピードだ、事業拡大だ、と言っていましたが、

今ではキアリスの等身大の経営を理解しています。

 

さくらや健ちゃんの成長に、そろそろ引退を考えるすみれたち。

これ、意外と難しいんですよね!

 

創業して何十年もかけてキアリスを育ててきたすみれたち。

その道のプロフェッショナルです。

 

いくらさくらたちが成長しても、

足りないところばかり目について、危なっかしいと思ってしまうのは、

致し方ないところ。

 

ついつい手出し口出しをしてしまうんだけど、

それをグッと我慢して見守ることで、次の世代が育っていくのです。

 

そして親世代は「次の人生」。

引退を決めた以上、後は自分の人生を楽しむのです!

 

これもまた、家庭内の子育てにも当てはまりますよね。

親にとっては子どもはいつまでたっても子ども。

危なっかしくて仕方がない。

 

でも、いつまでも手出し口出しし過ぎるのは、

子どもの自主性を否定することになりませんか?

 

信じて任せる、これを何回も自分に言い聞かせるくらいで

ちょうどいいかもしれません。

 

Okeiは今まさに、娘に対してそんな感じ。

家を出る娘に料理を覚えるよう促すけど、

ついつい作っちゃうし、

運転の練習の時も、危ない!危ない!の連発(笑)

 

信じて任せる、信じて任せる・・・

唱え続けますよ。

 

戦争、子育て、キアリス。

駆け抜けてきた親世代が、次にどんな人生を踏み出すのでしょうね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする