はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「べっぴんさん」第133話の女性のスマート・キャリア的テーマは「真の仲間」

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

今日のお昼は春の陽気でした。

車を運転していると暑いくらいで、

久しぶりに体中が温まったような感じがしました。

 

明日もまたそんなお天気のようですね。

 

さて、今日も「べっぴんさん」を

キャリアコンサルタント目線で分析しましょう。

 

今日のテーマは「真の仲間」です。

 

栄輔さん!急にこんなことになっちゃって・・・。

しかも・・・・・・玉井!コラ!!!

 

お金のあるところへ渡り歩く人なんですね、あの人は。

最初からそういう設定でしたけど、ムカつきます!

 

絶好調に思われたエイスだけど、

急成長はある意味リスキーなのですね。

 

景気が良い時はものすごく良いけど、

景気が悪くなればそれを吸収しきれなくなってしまう。

 

そして、そんな時ほど、助けてほしい人は

手のひらを返したように去っていく。

 

最後に残るのは、「真の仲間」。

昔から一緒にいる仲間なんですよね。

 

栄輔は、すみれへの思いが叶わず急に姿を消してから

成功して帰ってきて、な〜んか尖った感じになっていましたが、

そんな栄輔をみんなは変わらず心配していたのですね。

 

潔も、ゆりも、生意気な態度の栄輔でさえ受け入れ、

調子の良い時には一緒に喜び、

ちょっと調子に乗りすぎな時にはいましめ、

そして危機に陥った時にはまた迎え入れる。

 

デキ過ぎな感じです。有り難い仲間というか、アニキですね。

 

全てを失った時に、「真の仲間」がわかるという話をよく聞きます。

 

Okeiは、困っている人に傘を差し出せる人になろう!絶対に!

傘を差し出してもらったことが、今まで何回もあるから。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする