はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「とと姉ちゃん」第143話の女性のスマート・キャリア的テーマは「母娘世帯」

JUGEMテーマ:とと姉ちゃん

JUGEMテーマ:女性の生き方

 

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

最近いちじくにハマっています。

 

いちじくはOkeiが生まれた川西市でたくさん作られていたので、

子どもの頃はよく食べていました。

 

Okeiの中では懐かしい味です。

 

今年は義父が作ったいちじくをもらいました。

少し小粒で皮が薄いので、皮が残ってても気にならない感じです。

ヨーグルトに入れて食べると最高です♪

 

さて、今日も「とと姉ちゃん」を

キャリアコンサルタント目線で分析していきましょう。

 

今日のテーマは「母娘世帯」です。

 

よっちゃん、おめでとう!

美子がついに、結婚することになりました♪

 

末っ子で、甘えん坊で食いしん坊のよっちゃんが、

すっかりいいお嬢さんになって・・・moe

 

そしてお祝いの席で、みんなののろけ話の中(笑)

鞠子と水田さんからの提案が。

 

とと姉ちゃんが大きな家を建てたら、一緒に暮らしたい、と。

とと姉ちゃんが仕事で遅くなったら、かかのことが心配だし、

娘のたまきにとってもその方がいいからと。

 

かか、とと姉ちゃん、水田家。

母と、娘の家族との同居です。

 

そして、美子たちも同じような話をしていたと。

 

娘としては、母との同居は気楽でいいし、

母としても心強い。

ただ、関係が近すぎるだけに、ケンカも多い、かもね。

 

今の日本では夫の家族との同居がほとんどだけど、

これがもし、妻の家族との同居がほとんどになれば、

社会はどう変わるんだろう・・・

 

そうなることはないだろうから、ずっとわかんないままだね。

 

でももう少し、増えてもいいと思うんだけどな。母娘世帯。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする