はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まれ」第149話から学ぶ女性のスマート・キャリア

JUGEMテーマ:NHK朝ドラ「まれ」
 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

今回の「まれ」から学ぶ

女性のスマート・キャリアのテーマは

「他人の価値観と向き合う」

です。



 

あなたの周りにはあなたと価値観がぴったり一緒、
という人はいますか?
 
いや、いないはずです!
家族であってもです。
 
一徹はお父さんの自由奔放すぎるところが
小さいころからずっと許せずにいました。
 
圭太はお父さんが塗師屋を大切にしないことを
許せずにいました。
 
今日は二人がそれぞれのお父さんに向き合っていましたね。
 
自分と価値観が同じ人はこの世にいないとわかっていても、
身近な人ほど自分の価値観を押し付けたり、
自分と違う部分ばかりが見えてしまったりして
許せなくなってしまうものです。
 
相手を否定してぎくしゃくするより、
自分とは価値観の違う相手と向き合い、尊重する方が
良い関係づくりができるのに・・・
感情がついてくるとなかなかそうもいかないのですね。
 
住む世界が違う人ならば、放っておけば良い。
でも、家族はずっと切っても切れない縁で結ばれている。
それならば、相手と向き合って、
「違ってていいんだ」と自分に言い聞かせてみましょう。
 
「だらふわ」・・・。
う〜ん、だら〜っとしててふわっふわなメンズより、
「キリふわ」の方が好きだな〜(笑)
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする