はじめまして!綺羅女プロデューサーOkei(おけい)こと和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。綺羅女とは、自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性です。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まれ」第137話から学ぶ女性のスマート・キャリア

JUGEMテーマ:NHK朝ドラ「まれ」
 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

今回の「まれ」から学ぶ
 

女性のスマート・キャリアのテーマは

 

「イラショナル・ビリーフ」

 

です。

 

まれの双子の子、匠、歩実は全然違う性格ですね〜。
 

今日は匠に焦点が当たっていました。
 

匠はとても優しくて親の言うことをよく聞いて
 

自分より周りの人を優先する子ですよね。

 

その匠が逃げ出したくなってしまったのは、
 

塗師屋を継ぐのが嫌だったから?

 

嫌だった、と言うよりは、
 

お父さんは立派な職人だ、
 

塗師屋は立派な職人が継がないといけない
 

自分はお父さんみたいな職人にはなれない
 

というイラショナル・ビリーフ(非合理的な思い込み)
 

があるからではないでしょうか。

 

もしも匠に
 

「完璧な人なんていない」
 

「失敗しても大丈夫、なんとかなるもんだよ」
 

と思えるような経験があったら、
 

とにかく何でもやってみようという気になるんじゃないかな。

 

あなたに何か不安に思うこと、負担に感じることがあったら、
 

それは無意識のうちにイラショナル・ビリーフに
 

支配されているからかもしれませんよ。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする