はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「あさが来た」第155話の女性のスマート・キャリア的テーマは「後悔」

JUGEMテーマ:あさが来た

綺羅女プロデューサーOkeiです。


キャリア・コンサルタントの立場から

「あさが来た」を分析します。


「あさが来た」第155話の女性のスマート・キャリア的テーマは

「後悔」

です。

 

新次郎が最期を迎え、心の整理がつきません・・・。
 

あさにとってはもちろんのこと、家族にとって、加野屋にとって、
 

大阪商人にとって、とても大きな存在でした。
 

(「あさが来た」の視聴者にとっても!)

 

巾着を回して「ふ〜らふ〜ら」が似合っていましたよね。
 

必死に何かをやる、というのではなく、
 

本当にさりげなく、でも細やかな心配りでもって、
 

みんなが知らないところで動き、
 

周りの人を支えてきた器の大きい人でした。

 

いつもまっすぐ前を向き、我が道を進んできたあさも、
 

今回は後悔の言葉を言っていました。

 

新次郎との時間を、もっと大切にすればよかったと。

 

今、目の前にあることに必死になる、ということは
 

次のステップにつながる大切なことです。
 

でも、目の前のことしか見えていないと、
 

後から大切なことにはたと気づき、後悔をすることがあります。

 

後悔しても時間は戻りません。

 

目の前のことを見る目と、
 

長く全体を見る目の両方を、バランスよく持つことが大切です。

 

キャリア・デザインでいうと、
 

目の前にあることは「今取り組んでいる仕事」であり、
 

「今現在周りにいる家族や友人」です。
 

全体とは「一生」です。

 

20歳の時にはこんなことをして、
 

30歳ではこんな家族構成で、
 

40歳ではこんな仕事をして、
 

50歳で大切なのはこれで、
 

60歳では・・・

 

それを踏まえて今すべきことは何だろう・・・。

 

と、自分の一生を思いめぐらせる時間を
 

持つべきだな〜というのが、今回の「あさが来た」を見ての
 

率直な思いです。

 

いよいよ次回は最終回。
 

心して観ます!


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする