はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

家事だってスキルだもんね

JUGEMテーマ:女性の生き方

 

今の職場には、ほぼ毎日お弁当を持参しています。

 

フリーランスの頃は、毎日行く先が違うし、

時間もまちまちだったため、

お弁当なんて作ったことがありませんでした。

 

お弁当と言えば子ども達の分、という感覚だったのですが、

今は自分のために毎日作っているという、

その変化に自分でもびっくりです。

 

さらにびっくりなことに、お弁当作りが苦痛じゃない!

なぜ?なぜ?なぜ?

 

子ども達のお弁当を作っていた頃は、

苦痛って言っちゃうとちょっと言いすぎなんだけど(笑)

追い立てられているというか・・・。

 

毎日メニュー考えるのも大変だし、

子どもの体のことも気になるし、

朝起きるのも早いしと、

大変だったことは間違いないのです。

 

今、自分のお弁当は、前日の残りを冷蔵庫に入れておき、

朝、ご飯を入れて持っていくだけ。

これから夏場はちょっと無理だと思うけど、

涼しい時期なら大丈夫(私の場合)

 

子どもにはこれができなかったなぁ・・・。

やっておけばよかった(笑)

 

朝作らないといけないという思い込みが強かったです。

それで結局市販のミートボールになっちゃって、

体に良いとは言えないメニューになることも多かった。

 

で、今は前の日の残りがなかったとしても、

朝、適当に、本当に適当に、

10分かけずに作れちゃうんですよね。

 

ご飯入れてるうちに、ウインナーと目玉焼き焼いて、

作り置きのピクルスとかお漬物を入れて出来上がり♪

 

作り置きと言えば、きんぴらごぼうとか、

味が少し濃いおかずを作った時には、

お弁当のアルミホイルに小分けして、

ラップにくるんで冷凍しておきます。

そのまま朝お弁当箱に入れればOK♪

 

私はマメな方じゃないので、

とにかく時短でそこそこおいしいお弁当を目指します!

 

今日のお弁当はこれ!

 

 

 

冷やしうどんです!

左側の野菜は前日に切りました。(っつってもきゅうりだけ)

アボカドは生協で買った冷凍のやつ。

朝入れたらお昼には溶けています。

 

うどんは冷凍うどんを中袋ごとレンジでチンして、

冷まして氷を入れて持参すると、

食べる頃にはちょうどよい感じで冷えています。

 

娘が使っていたおわん型のお弁当箱、置いといて良かった♪

 

制作時間、レンチンの3分半のみ!

あ、めんつゆはペットボトルで持参しました。

お好みでのりやネギを追加してください。

夏にはほんとピッタリです。お試しあれ!

 

で、何を書きたかったのかと言うと、

子どものための8年間のお弁当作りで、

お弁当作りを何も考えずに片手間でできるレベルにまで

スキルアップしていたってこと。

 

さらに言うと、

夜ご飯は、食材がほぼ切られた状態で人数分届くものを

使い始めたんだけど、

それのおかげで夜も楽ちんなんです。

 

レシピがついてるので、それを見ながら

家にある普通の調味料だけ用意すればできちゃうんです。

 

が、私が遅かった時に夫が作ろうとして、途中で断念。

 

難しいと言うのです。

 

何が?

なんで?

どこが?

 

と思ったのですが、

そりゃそうなんです。

 

大さじが何mlかも知らないし、

小麦粉と片栗粉の区別もつかないし、

家にある調味料をきちんと使うスキルを

今まで培ってこなかったんですから。

 

それを責めているわけではなく、

ああ、私ってすごいんだ、と、

自己効力感が上がったのです。

いや、自己肯定感の方が近いか。

 

主婦として20年以上作り続けたご飯。

ちゃんとスキルになってるやん。と。

 

家事だってスキルだもんね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする