はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第148話から学ぶ女性のキャリア「世代間ギャップ」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

4月の入学に向けて、今週末は息子の引っ越しです。

入学準備でやらないといけないことがいっぱいあり、

こっちはヒヤヒヤしてるのに、

当の本人は先週はスキー、今は東京に。

 

ま、受験勉強頑張ってきたから、仕方ないですね。

空港まで迎えに行くんだから、

私の親バカぶりも相当なもんです(笑)

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「世代間ギャップ」


 

懐かしい〜!カップ麺の自動販売機!

昔近所にゲームセンターがあって、

そこには色んな自動販売機があったんですが、

その中にありましたよ、カップ麺の自動販売機。

 

あと、ハンバーガーの自動販売機もあったなぁ。

あれはどういう仕組みだったんだろう。

あったかいのが出てきたけど。

 

まんぷくヌードルの自動販売機、

どんな風に展開していくのか、楽しみです。

 

そして今日注目するのが「世代間ギャップ」です。

そう、幸です。

 

最近ちょっと萬平さんと衝突しがちですよね。

お父さんは頭が固い、なんてことも言っちゃっています。

萬平さんは幸にもう少し厳しくしないと、

とちょっとご立腹です。

 

鈴さんも、幸のことはとっても可愛く思っていて

優しいおばあちゃんなのですが、

幸のファッションにはビックリ仰天(笑)

派手すぎると小言を言っています。

 

この3世代、鈴さんから幸までは、

大体50年〜60年あいているのですよね。

ギャップがあって当たり前です。

 

今はさらに社会の変化のスピードが上がっていますから、

祖父母が孫のことを理解できなかったり、

親が子どものことを理解できなかったりするのは

ある意味当たり前なんですよね。

その逆も然りです。

 

なのに、ついついやってしまうのが、

違いに目くじらを立てて対立してしまうこと。

 

私も今、自分の胸に手を当てて考えています・・・。

 

でも、それではせっかくの新しい価値観を

知る機会を自らなくしてしまっているということ。

 

私は学生と関わることが多いのですが、

親子ほどの年齢差があります。

 

学生が話していることには常に聞き耳を立てて、

情報をキャッチしようとしています。

 

一時キャップ型の帽子に、

ステッカーをはったまま被っている学生がいっぱいいて、

なんで取らないのか不思議に思っていました。

 

それで学生に聞いてみたら、

「先生〜、これは貼っとくのがええんやで〜」

「・・・」

「あとな、靴にもこれ付けとくんや」

 

と、靴紐のところに何かチャラチャラしたものを

つけていて、見せてくれました。

 

わかったようなわからんような(笑)

 

でも、彼らの価値観はそうなのね、ということは

理解できました。

 

はたまた、娘からは

最近流行っているコスメ情報をゲットしています。

韓国コスメは娘からの情報に頼り切りです。

 

自分一人ではたどり着けないものにたどり着けるんですよね。

 

まさに、未知の世界へ入って行けるのです。

これを逃すのはとってももったいないですよ。

 

確かに、理解に苦しんだり、

説明に苦しんだりすることもあります。

 

「なんで就活ではパンプスを履かないといけないんですか?」

 

「・・・・・・え?当たり前やん」

 

と思ってしまいますが、

彼らにとっては理解不能なことなんですよね。

 

世代間ギャップに苦しむこともありますが、

それはそれとして、違いを楽しみ、吸収するという姿勢は

持ち続けたいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする