はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第145話から学ぶ女性のキャリア「愛されるおばあちゃん」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

前置きなしでいきます。

 

 

今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「愛されるおばあちゃん」


 

入院中の鈴さん、色々夢を見ていたようです。

 

私たちって、何か不安なことや考え事があると、

それを夢に見てしまいますよね!

 

大事な仕事がある前の日の夜、

けっこうな割合で遅刻する夢を見ます!

起きて、「夢で良かったぁぁぁぁぁぁぁ〜」

と心底ホッとするんですが、

あれはなんなんでしょうね(笑)

 

鈴さんの体調は心配ですが、

手術は成功して無事退院。

久しぶりに家に帰って女系親子3代が

楽しそうに話しています。

お互いに言いたいことを言って楽しそうです。

 

家族の形は色々ありますが、

女系で揃った時には

お互いに気が楽で和む〜という話をよく聞きます。

 

うちも、私の母のところに娘が居候していて、

おばあちゃんと孫が共同生活をしているのですが、

最初はお互いに遠慮をしていたのが、

2年経った今では言いたいことを言い合って

なんだか楽しそうです。

 

そこへ私が遊びに行くと最強です(笑)

言いたい放題やりたい放題で大笑いしています。

 

鈴さんって、ちょっと小言が多いけど(笑)

お茶目で可愛らしくて愛されていますよね。

 

なんだかんだ文句を言いながら、

家事も頼まれた仕事もこなす、

スーパーおばあちゃんです。

 

そして、なんだかんだ言いながらも、

子や孫やひ孫にはとっても優しい。

とびっきりの笑顔が本当に素敵。

だから、みんなおばあちゃんが大好きです。

 

私が子育てをしてきて思うのが、

親が子どもに接する時には、

当たり前のことですが、本気で全力投球です。

 

愛情があるからこそなのですが、

それが強すぎて、つい感情的になってしまうこともありました。

特に子どもが小さい頃に多かったです。

 

そんな時、おばあちゃんという存在は有難かったですね。

気持ちに余裕があって、子どもを上手にあしらってくれるんですよね。

子どもにとっての安全基地的な存在だったのではないかと思います。

 

子どもが大きくなり、

おばあちゃんにそんな風にお世話になってきたことを

普段はついつい忘れてしまいがちなのですが、

今回それを思い出せて良かったな〜と思います。

 

そしてこの先のことはわからないけど、

もし孫ができたら、うちの2人のおばあちゃんや、

鈴さんみたいな素敵なおばあちゃんになりたいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする