はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「まんぷく」第142話から学ぶ女性のキャリア「親しき仲にも」

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

 

ちょっと運動不足でしんどいです・・・。

今週は家でやることが山積みで、

ずっとパソコンに向かっているので

肩が凝って仕方がありません。

 

今日はお天気が良いですし、

午後からは少し歩いてこようかしら。

 

 

さて、今日も「まんぷく」をキャリア的に分析しましょう。

 

今日のテーマは「親しき仲にも」


 

 

まんぷくヌードル完成までもう一息です。

 

試行錯誤を繰り返し、

スープ、麺、具材ができました。

 

後は容器のサイズとフタ、全体のデザインだけ・・・。

 

萬平さんが家でフタの話をしている時、

福ちゃんが接着剤でフタをひっつけるアイデアを出しました。

 

最初は、ひっつけてしまったら開けるのが難しい

と言っていた萬平さんだけど、

あることを思い出しました。

 

アメリカに行った時の機内食で

マカダミアナッツが入っていた入れ物のフタが、

イメージに近いんじゃないか・・・。

 

そうしたら福ちゃんがなんと!

萬平さんが興味を示していたから置いてますよ!

と、その容器に入ったマカダミアナッツを出してきました。

 

もう萬平さんは感激です♪

福ちゃんに何度も何度もありがとうと言い、

お前がいなかったらまんぷくヌードルはできなかったよ!

と、心からの感謝の気持ちを全身で表しています。

 

萬平さんと福ちゃんは、夫婦になって長いです。

子どもの源が働いているんだから、

20年は越えているでしょうね。

 

それでも、感謝の気持ちはいつも

お互いにちゃんと口に出していますよね。

 

親しき仲にも礼儀ありと言いますが、

20年を超える夫婦でも、なれ合い過ぎることなく

お互いに礼を尽くしている感じがします。

 

すごいなぁぁぁぁぁぁぁぁ〜。

人として大切なことを

自然にやり続けているところ、

見習いたいですね。

 

立場がどうであれ、上下関係とか、

付き合いが長い、短いなども関係なく、

お互いのことを敬い、それを言葉にできるって、

とっても素敵なことだと思います。

 

例えタテ社会で上下関係が重んじられる組織であっても、

上の立場の人が下の人を見下し、ふんぞり返っているようでは、

下からの信頼は得られないでしょうし、

付き合いが長くてお互いのことは何でも知っている間柄であっても、

相手の存在をないがしろにするようなことをしてしまえば、

いつかは心が離れて行くでしょう。

 

親子関係でも気を付けたいですね。

親はつい、子どもに対しては高い位置から

物を言ってしまいがち。

 

欧米の人たちは、子どもが小さい頃から

一人の人間として扱い、きちんと話を聴くのだと

聞いたことがあります。

 

日本の若者が、自分に自信がないと思いがちなのは、

こういうところにも原因があるのでは・・・

と思ったりもします。

 

あ、なんか話がそれてしまいましたが・・・。

親しき仲にも礼儀あり。

意識をしなくても自然にそれができる、

素敵な人でありたいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする